人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

〝家事の即戦力〟として期待を集めた上半期のヒット商品5選

2019.08.13

「家事の即戦力」をキーワードに売れ続けている家電が今年の上半期には多かった。その代表的な商品を@DIMEから5点厳選して紹介しよう。

2019上半期ヒット商品大研究「家事即戦力」

【2019上半期ヒット商品大研究】発売以降シェアNo.1を独走するアイロボット「ルンバ e5」

サイドブラシとローラーがゴミを浮き上がらせてかき出し、床にピッタリと密着した本体と強力モーターで強力に吸引する。丸ごと水洗いできるダスト容器を採用した同機は、家電量販店などでのモデル別の売り上げシェアが、一時は30%を超えるまでの人気に。今でも購入されるロボット掃除機の5台に1台はルンバ e5という状況が続く。

【参考】https://dime.jp/genre/733464/

【2019上半期ヒット商品大研究】計画値の2倍ペースで売れているパナソニックの「ハンディ・スティック掃除機MC-SBU1F」

棚の上などのホコリはハンディー型、壁際やフロアの汚れはスティック型にして使える、筒形形状のコードレス掃除機。コンパクトなうえ、ハンディー時は530gと軽量。扱いやすいボディーサイズからは想像できない強力な吸引力を備え、気づいた時に手に取って掃除しやすい。

【参考】https://dime.jp/genre/733574/

【2019上半期ヒット商品大研究】シャーク「Shark EVOPOWER」

付属の充電ドックとあわせてトレンドの〝見せる収納〟に対応する、スタイリッシュなデザインのハンディー掃除機。約W54×D61×H419mmとコンパクトながら、スティッククリーナーと同等のパワフルなモーターを搭載。重さは約620gなので、充電ドックから持ち出し、気になる汚れを気軽に掃除できる。

【参考】https://dime.jp/genre/733586/

【2019上半期ヒット商品大研究】花王「アタックZERO」

4月に発売されたばかりだが、イケメン5人組のCMや、軽く押すだけで洗剤が一定量飛び出すボトル形状の新しさから注目度が急上昇。洗剤で手や容器、収納場所が汚れることは小さいながらも長年の悩みのひとつだが、「容器の開発で特にこだわったのは液だれしないこと。

【参考】https://dime.jp/genre/733597/

【2019上半期ヒット商品大研究】発売6か月で1300万本売れたライオンの「ルックプラス バスタブクレンジング」

「1プッシュで約1m幅に広がるミストで浴槽全体にかけやすい」「60秒待って流すだけで落ちる」と口コミやSNSで拡散され大ヒット。そもそもライオンの浴室洗剤は「こすらず洗える」ことをウリにしていた時代があった。

【参考】https://dime.jp/genre/733605/

【2019上半期ヒット商品大研究】パワフル洗浄で前年同月比3倍の売り上げを記録したAQUAの「食器洗い機 ADW-GM1」

共働き世帯では、食後に食器をどちらが洗うかは重大要件。そんな争いのもとを断つのが、食器24点(目安4人用)を洗える食器洗い機。4か所から噴出される高圧水流が、食器の汚れを一掃する。ヒーターを使わない送風乾燥のため、プラスチック製の食器にもやさしい。

【参考】https://dime.jp/genre/733614/

構成/DIME編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。