人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

プラレール生誕60周年!てっぱくで特別展開催中

2019.08.08

埼玉県大宮にある鉄道博物館でこの夏、プラレールの歴史を体感できる特別展示が開催中。今年はプラレールが誕生して60周年という記念すべきメモリアルイヤー。この60周年を迎える上でタカラトミーからJR東日本へ感謝状が贈られた。

JRへプラレールから「ありがとう」

大宮にある鉄道博物館で2019年7月19日から9月1日プラレール60周年記念展「プラレール博物館〜昭和・平成そして令和へ プラレールの歴史」が開催されている。これに先立ち7月18日にオープニングイベントが開催され、その場でタカラトミーからJR東日本への感謝状の授与式、会期中に鉄道博物館本館エントランスで展示される「プラレールジオラマ」の除幕式が行われた。

タカラトミー富山幹太郎会長(左)JR東日本深澤裕二社長が出席した感謝状授与式
プラレールキャラクターのてっちゃん(最左)とシンカリオンはやぶさMkⅡ(最右)も駆けつけた。

今回、このオープニングイベントではタカラトミー富山幹太郎代表取締役会長からJR東日本深澤裕二代表取締役社長へ感謝状が贈られた。

タカラトミー富山会長は「プラレールが60年間続けてこられたのは各鉄道事業者さんの皆さんが魅力的な車両をたくさん作り続けてくれたから。プラレールは鉄道の歴史無くてはありえないものだったので、感謝状をお送りしたい」と語った。

それを受けJR東日本深澤社長は「自分の世代がプラレールとほぼ同じ年齢ということもあり、プラレールとともに私自身も育ててもらった。プラレールは日本国民なら誰でも知っているおもちゃで、今後もプラレールにしていただける車両を作っていきたい」と応えた。式典ではプラレールを装飾した感謝状が富山会長から深澤社長に手渡された。

全国の鉄道事業者に感謝を述べる富山会長

プラレールが装飾された感謝状

続いて60周年記念展期間中に博物館で展示されるジオラマが除幕された。そこに姿を現したのは、プラレールの青いレールなどで東北新幹線E5系プラレールの先頭車両を模した幅約3.6mの「E5系新幹線はやぶさ プラレール車両ジオラマ」。

ジオラマから少し離れてみると、レールの形がE5系プラレールの特徴的な先頭形状になっていることがよくわかる。こちらのプラレールジオラマは鉄道博物館本館1Fエントランス付近にて記念展の会期中展示されている。

スペシャルジオラマが除幕!

あの特徴的な長い鼻が再現された「E5系新幹線はやぶさ プラレール車両ジオラマ」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。