人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

靴の中に入れるだけで身体のコンディションを整えるTENTIALのインソール「TENTIAL ZERO」

2019.08.09

TENTIALは、靴に入れるだけで体全体のコンディションを整えるインソール『TENTIAL ZERO』を発売した。

『TENTIAL ZERO』は、 靴に入れるだけで体のコンディションを整えるインソール。 1日平均6322歩の衝撃全てを受け止めるのはたった2本の“足”。

その足の不調によって「疲れやすい」「体が重く感じる」などの悩みが多いことが、 同社が運営するスポーツプラットフォーム『SPOSHIRU』のユーザー調査で明らかになった。

足のコンディションを整えることこそが体全体の調子を上げる鍵となると考え、 『TENTIAL ZERO』を開発した。

従来のインソールは、 土踏まずの盛り上がりを固定し足の内側部アーチをサポートすることで、 機能性の向上を図っていた。

しかし、 土踏まずのサポートは内側部を押さえつけることにもなり、 運動性を制限してしまう側面を持ち、 安定性をつかさどる外側部アーチのサポートも不十分。

『TENTIAL ZERO』の共同開発を行うBMZ社では、 立方骨を中心に足の骨格を整える「BMZ cuboid balance」理論で特許を取得し、 従来のアーチサポートでは不可能であった“相反する足の内側部の運動性と外側部の安定“を同時に実現。

『TENTIAL ZERO』では、 「BMZ cuboid balance」理論を搭載し、 内側縦アーチ・外側縦アーチ・横アーチの3つを連動してバランスよく機能させることにより、 運動性(歩行時の推進力、 運動時の俊敏性)に加え、 安定性(直立姿勢で身体のバランスをとる)も同時に実現する。

そのため、 無意識のうちにボディバランスのよい、 美しい姿勢を維持することにつながり、 より快適で疲れにくい身体へ近づけるのに役立つ。

また、『TENTIAL ZERO』は、衝撃吸収性と反発性の2面を兼ね備えた素材であるポロンを使用。 ポロンは、 クッション性を維持しつつ、 運動性にも期待できる一方で、 非常に高価となっており、 通常ではかかとなどの一部分にしか使用されないが、 『TENTIAL ZERO』は、 ポロンをインソールのほぼ全面的に使用した。

そのほか『TENTIAL ZERO』の表面には、 グリップ力と耐摩擦性に優れた人工レザー素材を使用。 優れたグリップ力によって力強く地面を捉え足の踏ん張りを強化しすることで、 理想の歩行を実現。また、 耐摩擦性に優れていることで激しい動きにも耐えることができる。

『TENTIAL ZERO』商品詳細

サイズ :S(~24.5cm) M(25cm~26.5cm)L(27cm~28cm)XL(28.5cm~29.5cm)
価格 :7,980円(税抜き、 送料別)

関連情報:https://tential.jp/

構成/DIME編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。