人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ひとり旅はSNSマウンティングの対象じゃない?ひとり旅経験者の8割が「できるだけSNSは使わない」

2019.08.09

大型連休になるとSNS上に大量発生する、旅先での思い出に関する投稿。もちろん、それ自体は決して悪いことではない。しかし、そこに掲載された画像やテキストが明らかに幸せの押し売り的なものだったりすると、鬱陶しく思うこともある。

だが、ひとり旅ユーザーに関しては、そういった“SNSマウンティング”をしない傾向にあることが今回、Hotels.comによるアンケート調査によって明らかになった。なお本調査は、20代~50代のひとり旅経験者300人と、未経験者でひとり旅に興味のある300人の計 600人を対象にしている。

ひとり旅のモチベーションとは?

まずは、ひとり旅に行く理由と、理想のひとり旅について尋ねる調査が行われた。すると、ひとり旅の理由は「リラックス」や「探検」よりも、「じぶん時間」と強い関係性があることが明らかに。「気を遣わずに済む」(58%)、「自分の行きたいところに行ける」(51%)、「自分のペースで観光したい」(51%)と、自由気ままに旅のプランを考えられることが大きな理由であるとわかった。


また、「理想のひとり旅」について尋ねる調査が行われたところ、「癒しの旅(温泉などにつかり、日ごろの疲れを癒す旅)」(59%)、「予め計画をせず、思い思いに過ごす旅」(46%)、「鉄道・バスの旅(車窓からの眺めや、乗ること自体を楽しむ旅)」(43%)が上位に来る結果となった。

一方、ひとり旅へのモチベーションは年齢によって異なり、20代の経験者は「1人になりたいと思ったとき」(34%)、「自分にごほうびをあげたいとき」(34%)、「失恋をしたとき」(20%)がほかの年代と比べて顕著に。他方、30代以上の旅行者は、「行きたい・見たいイベントがあるとき」(45%)や、「急きょ休みが取れたとき」(31%)が 20 代の若いひとり旅経験者よりもモチベーションとなることがわかった。

さらに、ひとり旅はその自由さが最大のメリットだが、82%が「グループ旅の途中で、ひとりになりたいと思ったことがある」と回答している。

ひとり旅経験者・未経験者で真逆の価値観

一方で、ひとり旅に行ったことのない人もいる。ひとり旅に行かない理由を未経験者に尋ねる調査が行われたところ、「寂しい」(32%)「つまらない」(28%)が最も多く、続いて「価格が高い」(16%)、「パートナーや親が嫌がる」(15%)、「安全ではない」(15%)という結果になった。


ひとり旅のイメージを経験者、未経験者それぞれに尋ねる調査が行われたところ、未経験者の 55%はひとり旅の「価格が高い」と感じており、58%が「安全ではない」と考えている。とりわけ、女性のひとり旅未経験者は、64%が「価格が高い」と感じ、79%が「安全ではない」と思っているということが明らかに。

当然のことながら、経験者はその考えとは真逆で、実際 64%が「価格が安い」、68%が「安全」と考えてる。

このように経験者と未経験者では大きな意識の違いがありつつも、全体の 77%が「ひとり旅は特別な人がすることではない」と身近に感じていることも分かっている。

スマホは使うけど、SNSは使わない!

84%のひとり旅経験者がひとり旅を「ごほうび」だと考えている一方で、旅行体験は自慢の対象ではないようだ。全体の80%はひとり旅のとき、「SNSはできるだけつながず、自分の時間を大切にする」と回答している。一方、SNSにはつながないといいつつも、ひとり旅の2大必需品として、「スマートフォン」(69%)、「モバイルバッテリー」(47%)を挙げている。

出典元:Hotels.com

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。