人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

環境省が渋谷区と台東区の約100か所で日傘のシェアサービスを開始

2019.08.07

環境省では、熱中症発症者数の増加が見込まれる夏季を中心に、夏の熱ストレスを一人ひとりの工夫で低減できる暑さ対策として、暑さ指数の低減効果が比較的高い「日傘」の活用を推進している。

今回、更なる日傘の活用促進を目指し、渋谷区、台東区賛同の下、「晴雨兼用傘シェアリングサービス」の展開を推進する。

環境省では、熱中症予防の声かけの輪を広げていこうとする官民連携の「熱中症予防声かけプロジェクト(http://www.hitosuzumi.jp/ )」を、関係省庁や様々な企業・団体・自治体等と連携しながら推進している。

また、国、地方自治体、国民、NGO、事業者、研究機関等の幅広い主体によるポイ捨て撲滅、不必要なワンウェイのプラスチックの排出抑制などの"プラスチックとの賢い付き合い方"(取組)を募集し、同取組を国内外に発信するプラスチック・スマートキャンペーン(http://plastics-smart.env.go.jp/)についても展開中。

今回、同キャンペーン登録企業であり、ビニール傘廃棄問題に着目し雨傘のシェアリングサービス(アイカサ)を進めているNature Innovation Group(https://i-kasa.com/)と「熱中症予防声かけプロジェクト」との連携による「晴雨兼用傘シェアリングサービス」の展開を通じ、日傘の活用促進を図るという。

ロゴマークやマスコットキャラクターがデザインされた晴雨兼用傘を、渋谷区全58箇所、台東区全41箇所にて順次配備する。

晴雨兼用傘のデザイン

配備先

渋谷区 台東区
・渋谷区役所(2箇所に設置)
・渋谷区文化総合センター大和田
・商工会館・消費者センター
・渋谷区勤労福祉会館
・はつらつセンター参宮橋
他52箇所

・台東区立下町風俗資料館(予定)
・台東区立旧東京音楽学校奏楽堂(予定)
・JR上野駅(公園口)
・JR御徒町駅
・京成上野駅
他36箇所

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。