人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

夫は株を上げるのは○○掃除!?妻が夫にしてもらいたい家事TOP3

2019.08.06

最近、“イクメン”や“主夫”など、家事や育児に積極的な父親がメディアで紹介されているが、実際のところ家事をしている男性は増えているのだろうか。

プラネットの「家事分担に関する意識調査」では、女性は「積極的に家事をしている」が5割近いが、男性は約2割。さらに、“積極的に家事をしている”計は女性では4人に3人だが、男性では半数に届かず、女性の6割に過ぎない。

それどころか男性では、5人に1人以上が「自分ではまったく家事をしていない」と回答している。

ただし、年代別では傾向が違う。男性も20代・30代では、“積極的に家事をしている”計が5割を超えている。一方で、40代以降になると「あまり積極的ではないが家事をしている」、つまり“本音ではしたくない”人が多い。若い世代では家事への意識が変わりつつあるが、“お父さん世代”は、まだまだ家事に積極的にはなれないようだ。

家事分担に関する様々なことが判明した同調査をもう少し掘り下げてみよう。

男は“○○○掃除”で株を上げる?妻が夫にしてもらいたい家事に注目

配偶者・パートナーと同居している男女に調査。男性にはどのような家事をしているかを、女性には、配偶者・パートナーにしてもらいたい家事は何かを聞いた。

男性が実践している家事で最も多かったのは「収集所にゴミ袋を出す」、次いで、(食洗機は使わずに)「手で食器を洗う」だった。ただ、実はどちらの項目も、それぞれ一連の「ゴミ出し」「食器洗い」の一部。

たとえば「ゴミ出し」で、「新しいゴミ袋をゴミ箱にセットする」ところまでしている人は、「収集所にゴミ袋を出す」人の6割しかいない。さらに、「食器洗い」で「シンク・流しを洗う」ところまでしているのは、「手で食器を洗う」人の半数以下だった。これでは、“男は目立つ部分だけして、やったつもりになっている”と女性から非難されたとしても仕方ない。

女性が「してもらいたい家事」に目を向けると、男性と近似した流れで推移している。女性も男性に完璧な家事を求めているわけではないようです。ただし、一部しかしていないのに“オレはやってる”アピールは禁物だ。

妻が夫にしてもらいたい家事の1位は浴室掃除

表3から、配偶者・パートナーと同居している男性がしている家事のトップ3、女性が配偶者・パートナーにしてもらいたい家事のトップ3をまとめると、表4のとおり。

順位は違うものの「収集所にゴミ袋を出す」「浴室を掃除する」の2項目は共通している。やはり一緒に住んでいると気持ちが通じるのだろうか。

表3で、男女の落差が最も小さいのは「おかずを作る・料理をする」、次いで「浴室を掃除する」。中でも「浴室を掃除する」は、女性がしてもらいたい家事の1位。浴室掃除をしている男性はきっと大いに喜ばれていることだろう。

反対に、女性のほうが高くて男性との差が最大の項目が「トイレを掃除する」。女性では3位ですが、男性では3位圏外で、なんと15位。男性は積極的にトイレ掃除をすると、かなり株を上げられそうだ。

調査機関:インターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチ『DIMSDRIVE』実施のアンケート「家事分担」。
期間:2019年4月17日~5月10日、DIMSDRIVEモニター4,206人から回答を得た。

構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。