人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【2019上半期新型車総点検】17年ぶりに復活を遂げたトヨタのピュアスポーツカー「GRスープラ」

2019.08.11

トヨタ『スープラ』

トヨタ『スープラ』

 令和の幕開けとともに華々しく発表されたのが17年ぶりに復活した、トヨタのレーシング部門GR(ガズーレーシング)の名称を冠した『GRスープラ』だ。ご存じのとおり、BMWとの共同開発車で、そのBMW版が新型『Z4』という、グローバルなピュアスポーツだ。『Z4』と同じオーストリアのマグナ・シュタイヤーのグラーツ工場で生産され、トヨタの元町工場から日本国内にデリバリーされる。初代から貫かれる「FR、直列6気筒エンジン」というこだわりを継承しつつ、新型はピュアスポーツとしてホイールベース、トレッド、重心高にこだわって造られたのが特徴だ。パワーユニットは真打ちの3L直6ターボ、340PS、および2L直4ターボ、258PS、同197PSの3種類が用意され、すべて8速のスポーツATが組み合わされている。

トヨタ『スープラ』早くも今年6月に行なわれたニュルブルクリンク24時間レースに参戦。そのスタイリングはクラシカルな趣を持つが迫力満点。

トヨタ『スープラ』今年3月から開始された初期注文予約では3Lモデルの予約が殺到し一時、受注がストップした。意外と197PS仕様の評判もいい。

トヨタ『スープラ』ド迫力のエンジンサウンドで満たされる2シーターコックピットはスポーツドライビングに徹した、豪華にしてタイトな空間。

本命は3L直6ターボだが、2L直4モデルも侮れない!

モータージャーナリスト  青山尚暉さん

『GRスープラ』の佇まいは、どこから見てもピュアスポーツ。FRレイアウトならではのロングノーズ&ショートデッキ、ワイド&ロー、ダブルバブルルーフと、スポーツカーファンを釘づけにする強いオーラに包まれる。伝統を受け継ぐのは意外なほど乗り心地がいい3L直6ターボだが、2L直4、197PS仕様の軽快な走りも評価が高い。6月時点では、工場出荷時期は2020年2月以降となっており注目度は高い。

取材・文/編集部 撮影/望月浩彦

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。