人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

世界最小最軽量!キヤノンのDisplayPort1.2対応ネイティブ4Kプロジェクター「4K6021Z」発売

2019.08.03

キヤノンは、LCOS(エルコス)方式のネイティブ4Kパネルを搭載した業務用プロジェクター「4K6021Z」を9月上旬に発売する。価格はオープン。

本製品は、ネイティブ4Kパネルを搭載したレンズ交換式レーザー光源プロジェクター「4K6020Z」(2018年12月発売)の後継機種で、企業内のデザインレビューや美術館・博物館、医用画像の投写など高い色再現性を求められるシーンに適したモデル。

レーザー光源システムによる6,000lmの高輝度と、LCOS方式のネイティブ4Kパネルの採用により、4Kコンテンツの色鮮やかで明るい高精細な投写が可能。また、光学システムのキーパーツを小型化することにより、大きさ約幅480×高さ175×奥行き545mm、質量約19kgと世界最小・最軽量を実現している。

また、ネイティブ4Kプロジェクター「4K5020Z」(2018年12月発売)やWUXGA(1,920×1,200画素)プロジェクター「WUX7000Z」(2018年7月発売)と筐体を同等にした「共通プラットフォーム設計」を採用し、すでに発売されている超短焦点から超望遠までの7本の交換レンズ(別売り)に対応。なお、商品にはレンズは含まれていないので、使用にはこのオプションの交換レンズが必要となる。

さらに、インターフェースも強化され、映像出力規格「DisplayPort 1.2」に対応する接続端子を新たにふたつ搭載し、豊富な色情報を持つRGB4:4:4(10bit)信号での4K/60P映像の投写が可能だ。

関連情報
https://cweb.canon.jp/projector/

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。