人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

九州と沖縄は「リバテープ」、北海道は「サビオ」、地域で異なる絆創膏の呼び方

2019.08.05

日常生活でふいに負ってしまうちょっとした傷。そんな時に絆創膏は欠かせない。最近では、保護パッドの付いた従来型の絆創膏だけでなく、湿潤療法型絆創膏や液体絆創膏など、新しいタイプのものも登場している。

そんな誰もがお世話になる生活必需品についてこの度、アンケート調査が行われ、絆創膏をよく使うシーンや部位、地域で違う絆創膏の呼び名などが明らかになった。

知ってる? 売れ筋1位、高機能の “○○療法型” 絆創膏

まずは、家庭で絆創膏を常備しているかどうか、また外出時に携帯しているかどうか尋ねる調査が行われた(表1、表2)。

その結果、家庭で“常備している”が男性で8割超、女性では9割以上に上った。外出時についても、“携帯している”が女性では4人のうち3人。男性を大きく上回るという結果に。とりわけ女性にとって、絆創膏は常に携帯していたい必須アイテムのようだ。

常備している絆創膏の種類(表1)は、「普通の(パッドのついた)絆創膏」が8割超と圧倒的だが、「高機能・湿潤療法型の絆創膏」も2割。特に女性では、「高機能・湿潤療法型絆創膏」を常備している人が3割近くいる。

ここで「救急絆創膏」の売れ筋ランキングについて調査が行われたところ、表3のとおり。1位はまさに湿潤療法型のアイテム。また8位にもこのタイプがランクインしている。高機能の絆創膏は従来型に比べて価格も高いのに、上位に入っているのはそれだけ支持されているということ。高いだけの効果が期待されているのだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。