人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

4割の人が所持している防災アプリ、年齢が高いほどインストール率が高い

2019.08.03

地震、津波、台風など……いつ、わが身に降りかかるかわからない災害。それに備えて非常食を備蓄したり、避難経路を確認したりすると共に、「防災アプリ」をダウンロードしておくのも一つの手だろう。

では、実際のところ、どれくらいの人が「防災アプリ」をインストールしているのだろうか?

そこで今回、NTTドコモの企業内研究所であるモバイル社会研究所による「防災アプリ」に関する調査レポートを紹介していきたい。なお、本レポートには、15~79歳の男女6,926名を対象にした調査データが用いられている。

防災アプリ、約4割がインストール

NTTドコモモバイル社会研究所では、2019年1月に防災とICTにかかわる調査を実施。すると、スマートフォン所有者のうち、自身のスマートフォンに防災アプリをインストールしている人が約4割いることが明らかになった(図1) 。

図1.防災アプリインストール状況

年齢が高いほど防災アプリのインストール率が高い

また年代別の防災アプリインストール状況を見ると、年齢が高くなるにつれて防災アプリ をインストールしている人が多いことがわかった。

70代では6割以上、60代では5 割以上が防災アプリをインストールしており、高齢者の防災への関心の高さがうかがえる結果となった。 一方で、10代は30.9%、20代では29.5%と、若年層での防災アプリをインストールしているのは3割程度だった(図2)

図2.防災アプリインストール状況(年代別)

<調査概要>
調査名:「一般向けモバイル動向調査」
調査対象:全国・15~79歳男女
調査方法:Web 標本抽出法 :QUOTA SAMPLING、性別・年齢(5歳刻み)・居住地域区分のセグメントで 日本の人口分布に比例して割付。
調査時期(サンプル数):2019年1月(6,926)

出典元:株式会社NTT ドコモ モバイル社会研究所

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年3月16日 発売

特別付録は進化した「超望遠12倍スマホレンズ」!5Gの最新情報や今買うべき新製品を一挙紹介!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。