人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

今、アジアの穴場と言ったらココ!美味しいものしかないコタキナバル食い倒れの旅

2019.08.24

麺攻めによる麺天国到来!!

 今回のコタキナバル取材では、郊外のシャングリ・ラ ラサリアに2泊した後、市内のホテルにも一泊した。それが『Hotel Sixty3/ホテルシックスティスリー』。

Hotel Sixty3

 コタキナバル有数のにぎやかな通りガヤストリート。日曜ともなればサンデーマーケットが開催されるこの通りに面しているという絶好の立地を誇るホテルなんですが、泊まった翌朝の朝食に、とにかくホテル周辺で朝食を食べようと街をブラつきました。

 で、あえてネットの情報にもたよらず、テキトーに入った店がコチラ。

『永旺茶賓室』って店ですかね。焼きそばみたいな麺類や惣菜がズラズラ~って並んでて、指さししてお皿に盛ってもらって会計するってタイプの店。

 オイスターソースで味付けした河粉麺と厚揚げの肉詰めで5リンギット(約130円)。やっぱりマレーシアの麺類はうまいね。一瞬で食いつくし、もう一軒行っちゃおうと歩いてたら、なんか人がヤケに多い店発見。

『瓊萬興』。ここで食べたのが、汁なしビーフヌードル(7リンギット/約180円)。

 2軒とも事前情報なしで入った店なんだけど、食べてて頬張りたくなる味。気取ってチマチマくわずに、ワシワシと口中に麺をカッ込みたくなる衝動が押さえられない味。これが庶民の味ですよね。

 さすがに朝から2食も喰ったら腹パンパンでホテルに戻ったら、ツアーガイドが、

「みなさんで朝食に行こう」

 っていうワケ。オイオイって思ったら、他のツアーの連中、喰ってネェんだよ朝食。オマエら“朝食は各自”って昨日確認したろ! って思ったけど、付き合ったよ、しょうがない。

 そして連れてかれた店が、これは事前調査でも名前は知ってた麺の有名店『金興利茶室』。それもさっき喰った汁なしビーフヌードルの名店!

 そういうことなら最初っから言ってよぉ~!! ということで汁なしはさっき食べたんで、汁ビーフン(8リンギット/約200円)をいただく。

 朝から、自分の56年の人生史上の記録となる3杯目の麺類なのに、おいしくいただいちゃいました……あの、さっきは「最初に言ってよ~」と書きましたが、最初に言われてたら、絶対に3杯食べてないワケで、言っていただかなくて結果オーライでした。ご無礼な言動すみません。それにしても3杯もおいしく食べられるコタキナバルの庶民の朝の麺類の実力、恐るべし!!

 コタキナバルの現地ローカルフードに関しては、下のサイトなども参考にしてください。

『サバ州観光局』
http://japan.sabahtourism.com

『マレーシア政府観光局/サバ州とコタキナバルの情報ページ』
http://www.tourismmalaysia.or.jp/region/sabah/index.html

 ここでマレーシア好きの皆さんなら気づくことがありませんか?

「マレーシアで麺っていったらラクサでしょ? なんでラクサを喰わないの!」

 そう思う人もいるでしょう。実はこれには理由があったのだ!

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。