人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

今、アジアの穴場と言ったらココ!美味しいものしかないコタキナバル食い倒れの旅

2019.08.24

 感動の大自然! マレーシアはコタキナバルinボルネオ島紀行第二弾だ!!

 第一弾では、コタキナバルの街と、そのすぐ近くにまであふれ返る大自然の凄まじさをお伝えしましたが、その前回のハイライト写真を復習までに!

 コタキナバル市街から北へ一時間のスラマン湖近くの海岸から撮影いたしました!

 過去に見た夕日なんて、もはや青色だったんじゃねェか? ってくらいの真っ赤さに、ド肝抜かれましたよ。これが本当の大自然ってヤツなのね…。

 ただコタキナバルは、ただ自然がスゴイってワケではない!

 まぁ~食事がうまいの。前からマレーシアのローカル料理ってウマイと思ってたんだけど、このボルネオ島のマレーシア料理も、そりゃあうまかった! 日本帰ってきてからも、毎日朝昼晩マレーシア料理でいいじゃんってくらいうまかった。

 この第二弾ではそんなコタキナバルの料理をググッと掘り下げる。その前に! 前回も書いた泊まったホテルについて書きたい! なにしろホテルの食事も書かざるをえないうまさだったからね。そのホテルこそ、そうです、『シャングリ・ラ ラサリアリゾート&スパ コタキナバル』(以下シャングリ・ラ ラサリア)!!

 このホテルには二つの棟(ウイング)があるんだけど、ひとつが一般的なホテル棟『ガーデンウイング』。そしてもひとつが、丸ごと一棟がいわゆるシティホテルでいうところのクラブフロア的なホテルインホテルといってもいいラクシジュアリー棟の『オーシャンウイング』。

 すいません、後者のガーデンウイングに泊まらせていただきました。本当にすみません。いや~2回も“すみません”って書いたけど、本当はもう一回書きたいくらいに、ワタシのような人間が泊まるには申し訳ない、そのくらいリゾートライフを満喫できるのがオーシャンウイングでした!

 なにしろ全室ジュニアスイート!

 客室面積は90平方メートルという広さなんですが、バルコニーまでもがヤケに広いと思いません?

 実はこのバルコニーがすごい。なにしろこんなんなってます!!

 手前の丸いのはデイベッドなんですが、奥にあるのは特大のバスタブ! 屋外で「天国…」なんて独り言いいながらバスタブにつかれる。なんか夢で見たような光景だもん、コレ。まさか現実に自分が体験できるとは思ってなかったっす。

 さらに裸で入っても、外から覗かれないように、バスタブの周りに目隠しのスクリーンを電動で垂らすこともできるという気の使いよう! これがシャングリ・ラですよ。

 そしてこのバルコニーから見えるのが、オーシャンウイング宿泊客専用のプールガーデン。

 もちろんプールも充実してますが、この写真なんだと思います?

 これ、プールじゃなくて、ボルネオ最大のジャグジーだって! そういうの造ってきたか。

 それでプールサイドでボーッとしてると、こんな生物が時折現れたりいたします!

 ミズオオトカゲ! 大きくなると2.5mほどになるらしいけど、プールサイドに現れるのは、1mにも満たない子供トカゲ。可愛らしくてちょっと感動しちゃったわ。とはいっても野生の爬虫類ですから、近づかないよう。カメラの望遠かなんかで写真撮る程度にしてください。 

 さぁ、ここからやっと本題の食事だ!

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。