人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

びっくりドンキー、いきなり!ステーキ、ブロンコビリー、ステーキ店を利用する時に重視するポイントは?

2019.08.02

今回紹介したいのは、みんなが大好きな「ステーキ」に関する調査。

マイボイスコムの「ステーキ店の利用に関するアンケート調査」によると、直近1年間に利用したステーキ店は「びっくりドンキー」「いきなり!ステーキ」がステーキ店利用者の各20%台となっている。

「いきなり!ステーキ」は男性10~30代での比率が高い。中部では「ブロンコビリー」「びっくりドンキー」「ステーキのあさくま」が上位3位。「びっくりドンキー」は北海道や東北、近畿で1位。「ステーキ宮」は東北や北陸などでの比率が高くなっている。

今回は同調査により、「ステーキ店」の利用頻度や重視点なども明らかになったので合わせて紹介したい。

ステーキ店の利用に関するアンケート調査

ステーキ店利用頻度

ステーキ店利用者は全体の6割強。利用頻度は「年に1回以下」が24.0%、「年に2~3回」が17.1%という結果に。

ステーキチェーン店利用時の重視点(複数回答)

ステーキチェーン店利用時の重視点は「価格」「料理の味」が、直近1年間ステーキチェーン店利用者の各6~7割、「肉の品質・安全性」「料理のボリューム感」「店までのアクセスのよさ」が各3割となっている。

「料理のボリューム感」は男性10~30代、「肉の品質・安全性」は女性高年代層、「子どもと一緒に利用しやすい」は女性30・40代での比率が高い。びっくりドンキー主利用者では「料理の味」など、いきなり!ステーキ主利用者では「料理のボリューム感」「肉の品質・安全性」など、ステーキハンバーグ&サラダバー けん主利用者、ブロンコビリー主利用者では「ドリンクバー、サラダバーなどの充実度」などの比率が高くなっている。

ステーキチェーン店利用場面(複数回答)

直近1年間ステーキチェーン店利用者の、利用場面は「夕食」「昼食」が各6割弱、「肉が食べたい」が3割、「家族での利用」「手ごろな価格で飲食したい」が各2割。「家族での利用」は、女性40代や60・70代での比率が高く、男性30代で低くなっている。

ブロンコビリー主利用者では「割引やクーポン、キャンペーンなどお得に利用できる」など、ペッパーランチ主利用者では「昼食」などの比率が高い。いきなり!ステーキ主利用者では「家族での利用」の比率が低くなっている。

ステーキチェーン店を一緒に利用する人(複数回答)

直近1年間ステーキチェーン店利用者が一緒に利用する人は「配偶者」が59.2%、「自分の子ども」が41.9%、「友人・知人」が21.7%。女性40代では「自分の子ども」が6割弱と高くなっています。ステーキハンバーグ&サラダバーけん主利用者、ブロンコビリー主利用者などでは「自分の子ども」の比率が高くなっている。「一人」は18.1%。男性10~40代では各3割強ですが、女性では約8%にとどまる。いきなり!ステーキ主利用者、ペッパーランチ主利用者では各30%台で、他の層より高くなっている。

この調査結果はマイボイスコムが「ステーキ店の利用』に関するインターネット調査を2019年5月1日~5日に実施し、10,162件の回答を集めた。

構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。