人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

QUEENの名曲と打ち上げ演出がリンク!世界初、QUEEN公認の花火アートイベント開催

2019.08.02

フレディ・マーキュリーの半生を描いた映画「ボヘミアン・ラプソディ」が爆発的ヒットとなったQUEENの「音楽」と日本の誇る超一流の「花火」が11月に国内3か所で行なわれる「QUEEN SUPER FIREWORKS~夜空のラプソディ~」で日本の夜空を彩る。

QUEEN公認!世界初!!QUEEN音源とのシンクロで打ちあがる13,000発のSUPER FIREWORKS

映画「ボヘミアン・ラプソディ」の大ヒット~2020年の来日公演と話題沸騰中のスーパー・ロック・バンドQUEEN。

そんな彼らの大ヒット曲にのせて13,000発、約1時間の花火を打ち上げる「QUEEN SUPER FIREWORKS~夜空のラプソディ~」が、QUEEN公認の元、世界で初めて大阪:舞洲スポーツアイランド太陽の広場(11月3日(日/祝))、千葉:浦安市総合公園(11月16日(土))、宮崎:みやざき臨海公園多目的芝広場(11月30日(土))の3会場に於いて、開催される。

初の来日公演が行われた1975年以来、QUEENが最も愛されている国のひとつである日本では映画「ボヘミアン・ラプソディ」が社会現象になるほどまでに大ヒットし、日本国内の興行成績は現在1億1,600万ドルとなり、アメリカに次いで世界第2位となっている。また2020年1月に行なわれる日本公演も既に完売の勢い。

世界に誇る日本の伝統文化である花火と世界中の人々を魅了するQUEENの音楽がシンクロする「QUEEN SUPER FIREWORKS~夜空のラプソディ~」。

その開催に向け、ブライアン・メイは以下のようなコメントを寄せている。

Brian May: “Japan is special place for Queen. We are very excited to hear that the Japanese traditional firework will light up the sky with our music. In 2020, we will be coming back to Japan for a tour so it’s great that there are many opportunities for the fans to enjoy our music. I wish I can be there to see it! ”

「僕たちQUEENにとって日本は特別な国です。そんな日本の誇る伝統文化の花火を僕らの楽曲に乗せて打ち上げるなんて想像しただけでワクワクします。2020年には来日公演もありますし、いろいろなシチュエーションで僕たちの音楽を楽しんでもらえれば最高です。正直僕も観に行きたいよ。」

またロジャー・テイラーも次のように語っている。

Taylor: “Japan was one of the first countries to welcome us. I was very surprised to see the reactions for the fans when I first came to Japan. Come to think of it, it was almost like a firework. It’s been 50 years since then and it’s great that there is a firework event with
Queen’s music. Hope you enjoy the Queen fireworks this year and our tour next year!”

「クイーンを最初に受け入れてくれたのは日本だった。初めて来日したときのあのリアクションには驚いた。今考えるとまるで花火のようだったよ。あれから約50年、僕らの楽曲に乗せ本物の花火が打ちあがるなんて最高じゃないか。今年は花火で盛り上がり、年明けには僕たちのショーで盛り上がってくれよ!」

花火演出を担当するのは日本一と評価される花火コレオグラファーの大矢亮(コレオグラファー:振付師)。

30分以上の演出は、彼の独壇場と言われており、海外でも高い評価を得ている。そして今回「QUEEN SUPER FIREWORKS~夜空のラプソディ~」の花火を担当するのは、その大矢亮をはじめとするノンストップ音楽シンクロ花火で話題沸騰の「芸術花火シリーズ」ドリーム・チーム。

彼らが打ち上げてきた「芸術花火」は今年5月に天皇陛下御即位記念として開催された「京都芸術花火2019」をはじめ、これまでに札幌、名古屋、福岡など全国各地で開催され、延べ37万人を動員している音楽花火の最高峰。

「QUEEN SUPER FIREWORKS~夜空のラプソディ~」とは?

最近の花火大会では、クライマックスに音楽に合わせて花火を打ち上げる演出が人気だが、「QUEEN SUPER FIREWORKS~夜空のラプソディ~」では、ノンストップ約1時間の全編を通し、花火を打上げる。

その花火は男女や世代を問わず愛されるQUEENの名曲と相まって、深い感動のひとときを提供。彼らの音楽とともに、いつまでも思い出に残る素晴らしい花火体験となることだろう。

滞空時間、残存光を計算に入れ、1/30秒単位でコントロールされる花火は音楽のリズム、メロディー、サウンド、歌詞、ヴォーカルに合わせて演出。

その中には、まるで一本の映画のような上質なストーリー、演出、脚本、音楽、俳優(花火)が存在し、観る人々に感動を与える。

美しいメロディー、複雑な構成を持つQUEENの素晴らしい楽曲と「芸術花火」は格別のケミストリーを起こすはずだ。

この「QUEEN SUPER FIREWORKS~夜空のラプソディ~」には、全国花火競技会で「内閣総理大臣賞」を受賞するような日本トップ・クラスの花火師たちが集結。多彩な打上技術を持つ花火師、渾身の「芸術玉」を創る花火職人、日本屈指の花火オール・スター・チームとQUEENサウンドの共演をぜひ体験してほしい。

参加花火会社は、野村花火工業(茨城)/伊那火工堀内煙火店(長野)/響屋大曲煙火(秋田)/アルプス煙火工業(長野)/柿薗花火(宮崎)/國友銃砲火薬店(京都)/安藤煙火店(山形県) 他を予定している。

花火の見どころ、楽しみ方を解説!

「QUEEN SUPER FIREWORKS~夜空のラプソディ~」では、本編の前に、第1部として「SUPER FIREWORKS ORIENTATION」を開催。これは本編をより理解し楽しんでいただくため、日本一花火を観る男→デビット烏丸さんが「QUEEN SUPER FIREWORKS~夜空のラプソディ~」の楽しみ方をレクチャーするものだ。

全席有料・指定席の大人気花火大会!

「QUEEN SUPER FIREWORKS~夜空のラプソディ~」では、全席を有料・指定席(宮崎会場 芝席のみゾーン指定)とし事前チケット販売を開始する。

無料の花火大会とは大きく異なり、自分の席でゆっくり観覧することができる。また、指定席の為、早い時間からの場所取りも不要。映画館やコンサートに行くように、特別なひと時を演出するストレス・フリなー花火大会を目指す。

「QUEEN SUPER FIREWORKS~夜空のラプソディ~」公式情報サイト
https://www.universal-music.co.jp/queen/hanabi/

QUEEN 商品情報・来日情報

オリジナル・サウンドトラック

伝説のバンド<クイーン>の魂に響く名曲で贈る感動の物語――

映画「ボヘミアン・ラプソディ」のオリジナル・サウンドトラック!!

このサントラ用に制作された音源をはじめ、未発表ライヴ、さらに歴史的なライヴ・エイドの劇的なパフォーマンスなどをCD初収録。

ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック) / クイーン
BOHEMIAN RHAPSODY (THE ORIGINAL SOUNDTRACK) / QUEEN

CD/デジタル/ストリーミングにて発売
CD品番: UICY-15762  \2,500(税抜価格)+税
好評発売中 https://www.universal-music.co.jp/queen/

QUEEN + ADAM LAMBERT – THE RHAPSODY TOUR

クイーン+アダム・ランバート2020年1月、来日公演決定!!

世界中で大ヒットを記録した映画『ボヘミアン・ラプソディ』の成功を受け今夏北米で始動するラプソディ・ツアーが日本上陸!2020年1月、新たなクイーンの伝説が刻まれる!

2020年1月25日(土)さいたまスーパーアリーナ
2020年1月26日(日)さいたまスーパーアリーナ
2020年1月28日(火)京セラドーム大阪
2020年1月30日(木)ナゴヤドーム

■チケットの詳細はクリエイティブマンのウェブサイトにて
詳細はこちら http://www.creativeman.co.jp/

構成/DIME編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。