人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

アメ車のような車中泊仕様の軽トラ、ポップアップルーフの新型「D:5」、キャンピングカーの最新モデルが激アツ!

2019.08.05

■連載/大森弘恵のアウトドアへGO!

キャンピングカー人気の勢いが止まらない。

2019年7月20-21日に行われた「東京キャンピングカーショー2019」は、4年連続で来場者が増加。何と2万2983名を記録した。

キャンピングカーへの注目度の高さ、期待度から、ビルダーも意欲的に新車を開発している。

ラインナップを増やしたビルダーも

バンコンを得意とするビルダーがキャブコンを、反対にキャブコンに定評のあるビルダーがバンコンを作成するケースがちらほら。

トラックベースで荷台部分に専用のシェルを架装したものがキャブコン。ビルダーがシェルを作るのでレイアウトの自由度が高く、居住性に優れているのが自慢。一方、バンコンはバンベースで主に車内を改造。レイアウトに制限が生じるが、日常生活での使いやすさが特徴だ。

作り方が違うのでビルダーの苦労がうかがえるが、いろいろなタイプのキャンピングカーをそろえることでファンは選ぶ楽しみが増える。

アンナ

エートゥゼットはカムロードベースのアンソニーシリーズ、ボンゴベースのアミティシリーズなどキャブコンで有名だが、NV200を用いたバンコン「アンナ」(展示車両:395万4320円+税)を発表。

オリジナルハイルーフのおかげで室内高は1670mmを実現し、バンコンにありがちな圧迫感を解消している。3点シートベルト付きの3人掛けセカンドシート“A-SMART”を搭載しており、キャンプはもちろん日常のお出かけも安全・快適。

モビリティホーム

こちらはハイエースのカスタムを得意とするダイレクトカーズ。ハイエース スーパーロングをベースとしたキャブコン「モビリティホーム」(展示車両:918万9000円+税)をお披露目した。

ファミリーでの使用を想定して設計され、ダイネットは家族がゆったり過ごせるサイズ。

車内はもちろん、車外にもギャレーを装備。外でBBQをしている時にちょっと水道を使いたい時や、アクティビティで使用したギアの水洗いなどで役立ちそう。

リアには常設2段ベッドを装備し、フロントベッドと合わせると乗車定員7名/就寝定員6名。2段ベッド部分にはメッシュ窓付きのドアを装備しており、虫を気にせず風を通せる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。