人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

3年連続でストレスオフ県ランキングTOP10入りした鳥取、青森、愛媛、佐賀県の女性たちに共通する習慣とは?

2019.07.31

メディプラス研究所の『ストレスオフ県ランキング』は2016年から発表されているが、2017年から3年連続でTOP10入りを果たしているのは今年第1位の「鳥取」、第5位の「青森」、第10位「佐賀」。そして2017年・2018年と2年連続第1位で、今年第9位だった「愛媛」のみだった。

今回は「ココロの体力測定2019」の結果から、3年連続でTOP10入りしている鳥取・青森・愛媛・佐賀の低ストレス女性のストレスオフ傾向を分析。ランクインした4県の「リフレッシュ / リラックス行動」を、全国女性平均との比較(倍率)で見ていきたい。

4県低ストレス女性のリフレッシュ / リラックス行動 TOP10

4県低ストレス女性に共通したリフレッシュ / リラックス行動(部屋作り)

4県の低ストレス女性に共通していた方法は、“部屋作り”。「部屋の掃除」(鳥取1.63倍、青森2.54倍、愛媛2.31倍) 「部屋の模様替え」(鳥取1.68倍、青森2.85倍、愛媛2.70倍、佐賀1.93倍)という結果に。現在、“ときめき”をキーワードにした片付け・断捨離が世界中でブームを巻き起こしているが、部屋環境作りがストレスオフにも貢献する可能性が浮かび上がった。

4県低ストレス女性のリフレッシュ / リラックス行動(温活)

そしてもう一点、共通していたのが「温活」だ。

2019年第1位の鳥取ならではだったのが「温泉に行く」(1.64倍)「入浴」(1.62倍)。温暖な愛媛では「日向ぼっこ」(愛媛2.98倍、鳥取2.80倍)。佐賀は血流を促すマッサージ意識が高くセルフでできる「ふくらはぎのマッサージ)(2.44倍)や「整体、マッサージ」(2.18倍)。手首や足首含め“首”を温めるといいとよく言うが、冬の寒さの厳しい青森は「首を温める」(青森2.39倍、佐賀1.62倍)だった。

「オフ県ランキング」上位には南西地域がランクインする傾向にあり、静岡以北では、大きく離れて青森のみ。ストレス状態に大きく関わる自律神経の通り道である首を温める意識が、青森女性のストレスオフ度を高めているのかもしれない。

4県低ストレス女性は全国平均よりもかなり低い傾向に

4県低ストレス女性の身体の悩み

「ココロの体力測定2019」より「身体の悩み」を抽出し、調査対象の女性全国7万人の平均並びに低ストレス女性全体と比較した。すると特徴的だったのが、現代病と言える「疲れ目・ドライアイ」を筆頭に、続いたのが「月経痛・月経不順・PMS」「冷え性・低体温」「貧血」。これらは“温める”ことで改善や予防が期待できることが知られている。

鳥取・青森・愛媛・佐賀の低ストレス女性は、温活によって女性ならではの身体の悩みを予防・改善している可能性があるのではないだろうか。

「ココロの体力測定2019」
方法:インターネット調査
期間:SCR調査 2019年3月16日~3月18日

(SCR調査)
対象:全国、20~69歳、14万人(男女各7万人)
項目:15問
分析データについて:厚生労働省の「ストレスチェック制度の健康状態項目」を基に独自加工して、点数化
集計データについて:集計したデータを、県・年齢を実際の人口でウエイト修正を行い活用

今回抽出対象者
全国:69989人
全国内低ストレス者:6181人(内 鳥取県:44人、青森県:75人、愛媛県:77人、佐賀県:37人)

関連情報/https://mediplus-lab.jp
構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。