人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

2強?3強?利用者数の多いスマホ決済サービスTOP3

2019.08.03

いまやスマホ一台あれば、インターネットでも実店舗でも商品の購入が完結できる時代。しかしだからといって、すべての人がそういったサービスを利用しているわけではなく、アナログな方法にこだわりがある人も少なくない。

そんなスマートフォンを活用した決済サービスや電子マネー、ECサイトを利用する人がどれくらいいるのかを調べたアンケート調査が今回、17歳~69歳の男女1,100名を対象に行われた。

スマホ決済の利用率1位は「LINE Pay」、2位は「PayPay」

スマートフォンを活用した決済サービスや電子マネーの利用者を対象に、利用しているサービスを尋ねる調査が行われたところ、「LINE Pay」が最も多く(41.2%)、次いで「PayPay」(38.8%)、「楽天ペイ」「楽天Edy」(ともに30.6%)という順番だった。

女性では「LINE Pay」を利用している人が最も多く(50.4%)、男性は「PayPay」(38.4%)だった※。※複数回答あり。

スマホ決済の利用率は、約3割

実店舗で利用する現金以外の支払い方法として最も多くの人から挙がったのは、「クレジットカード」(81.6%)、続いて「カード型電子マネー」(49.7%)、「商品券・ギフト券」(32.7%)だった。

「スマートフォンの決済(端末をかざすことで決済できる)機能」を利用している人の割合は27.4%で、2018年6月度調査(16.3%)から大幅に増加。20代、30代、40代では、3割を超えていた(20代:32.3%、30代:30.8%、40代:33.9%)※。※複数回答あり。

買いたいものは、「ECサイトやアプリを起動して検索」

ECで買いたい商品を探す方法として最も多くの人から挙がったのは「特定のECサイトやアプリで検索」(47.6%)、次いで「商品自体をGoogleやYahoo!で検索」(31.9%)、「ECサイトをGoogleやYahoo!で検索し、ECサイトの検索機能で探す」(17.0%)だった。

ECで買い物する時間は、「21時から22時」

EC利用者にECでよく買い物をする時間帯を尋ねる調査が行われたところ、「21時~22時台」が最も多く(37.2%)、次いで「19時~20時台」(13.6%)、「23時~24時台」(11.4%)という結果に。

EC利用者の4割以上が、「商品を探し疲れて、購入を諦めた」

EC利用者を対象に、ECでの「商品の探し疲れ」について尋ねる調査が行われたところ、「探し疲れて購入を諦めたことがある」人は46.4%、「探し疲れたことはあるが、購入を諦めたことはない」人は30.4%、「探し疲れたことはない」人は20.5%だった。

「探し疲れて購入を諦めたことがある」人の割合を男女別に見てみると、男性は42.3%に対し、女性は52.4%で、女性の場合は半数を超えることが明らかに。

<調査概要>
調査期間:2019年6月24日(月)~6月29日(土)
調査対象:Fastaskのモニタのうち、17歳~69歳の男女1,100名
調査方法:セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート調査

出典元:株式会社ジャストシステム

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年5月15日 発売

最新号のDIMEは年間300万円節約するサブスク活用術!特別付録は「デジタルポケットスケール」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。