人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

6割近くの人が不動産の売却を検討し始めてから半年以内に査定サイトを利用

2019.07.31

大事な資産である不動産の売却には大きな決断が伴うもの。それゆえ、その決断はついつい先送りにされてしまいそうにも思えるが、実際のところ、世の不動産オーナーたちは売却を検討してからどれくらいで査定サイトの利用に至るのだろうか?

そこで今回、不動産関連の比較査定サイト「リビンマッチ」を利用し、不動産会社に査定依頼をした「不動産を売却したい」または「不動産売却を検討している」という20歳以上の男女全国194人を対象にしたアンケート調査が行われた。

売却を検討し始めたのは1位『1か月以内』、2位『半年以内』!

「不動産売却を検討し始めた時期」を尋ねる調査が行われたところ、1位『1か月以内』(21.7%)、2位『半年以内』(21.1%)、3位『1年以内』(17.0%)、4位『3か月以内』(14.4%)、5位『3年以内』(10.8%)となり、57.2%の人が『半年以内』に査定依頼をしたことがわかった。

約7割が“不動産売却=リビンマッチでまず査定依頼”!

次に「リビンマッチを利用する前に、購入・建築した会社に不動産の売却相談をしたか?」と尋ねる調査が行われた。『はい』(30.4%)、『いいえ』(69.6%)となり、7割弱が相談しないでリビンマッチを利用していた。

続いて「リビンマッチを利用する前に、他のサイトを利用したか?」と尋ねる調査が行われたところ、『はい』(26.8%)、『いいえ』(73.2%)となった。これにより、他社サイトで満足した結果を得られず、リビンマッチを利用した人が3割弱いることも考えられる。

不動産査定額や担当者の対応を比較できるメリットの「不動産売却一括査定サイトで紹介してほしい不動産会社数」はどれくらいなのだろうか?

最も多かったのは『6社』(34.0%)、以下『3社』(24.2%)、『2社』『11社以上』(共に9.8%)、『5社』(7.2%)となりましたが、比較できない『1社』も8.8%いた。

最後に「リビンマッチを利用して査定依頼をした不動産会社の他に、相談や査定、または契約をしている不動産会社はあるか?」と尋ねる調査が行われたところ、『特にない』(64.4%)が最多だった。

一方『相談をしている不動産会社がある』(22.7%)、『査定をしている不動産会社がある』(9.8%)、『契約をしている不動産会社がある』(3.1%)と事前に他社と何らかのアクションを起こしている人が35.6%もいることが明らかに。リビンマッチを利用することで、より良い不動産会社を探しているとも考えられる。

※リビンマッチ調べ

<調査概要>
■調査期間:2019年6月17日~7月2日
■調査手法:インターネット調査(任意でアンケートに回答)
■集計数:「リビンマッチ 不動産売却」を利用して、不動産会社に査定依頼をした「不動産を売却したい」または「不動産売却を検討している」という20歳以上の男女全国194人

出典元:リビン・テクノロジーズ株式会社

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。