人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

3人に1人が梅雨バテしていた!頭痛、イライラ、寝不足、梅雨時期から続く体調不良の原因は?

2019.07.30

関東甲信ではようやく梅雨明けを迎えたが、「なぜか体調が優れない…」という人は案外多いのではないだろうか。それって、もしかすると「梅雨バテ」かもしれない。

リーフェが20~50代男女100名に調査を実施したところ、「3人に1人が梅雨時期に体調不良を経験している」ことが判明。特に、50代女性の76.9%が梅雨の体調不良を経験している。

また男性では、40代がもっとも多く年齢も関係していることが分かる。

梅雨の不調で最も多いのはダントツ頭痛で6割以上

「梅雨時期に起こる不調はどんなものがありますか。 」という質問をしたところ、頭痛(65.6% )が一番となった。次いで、倦怠感(40.6%)、疲れ(37.5%)という結果に。

20代男性は寝不足・立ちくらみが全員に該当し。30代女性はメンタル面(イライラ)が6割を超え、全性年代で最も多くなっている。

アルコールやコーヒーは水分補給にならない?

「梅雨の時期にこまめな水分補給を心掛けていますか。」という質問に対し、58%が「はい」と回答。梅雨でも水分に対して気を遣う人が多いことがわかるが、「夏(6,7,8月)に飲むことが多い飲み物はどれですか? 」という質問では、男性は女性に比べてアルコール飲料を飲むことが多いことがわかる。

40代女性はコーヒーで水分補給を行うという回答も多く、利尿作用の高いアルコールやコーヒーやお茶などを多く摂取することで余計脱水を促してしまうことも少なくない。

梅雨バテの予防法

予防法としては、こまめに塩分や水分を摂るようにしたり、帽子や日傘で直射日光を防いだり、涼しい服装で出かけるようにしたり、体調が悪い時に無理をしないようにすることが大切だ。もしダルさを感じた場合、対処法としては、涼しい場所で休んだり、大きな動脈の通る、首、わきの下、鼠径部を冷やしたりするといい。

また、梅雨バテに耐えられる身体づくりをするため、日頃から旬な野菜・果物を採り入れたり、有酸素運動・無酸素運動をバランスよく行っておくとよいだろう。食事をしっかり摂る時間がないという人は、飲食店で品数の多い定食を注文することで効率的に取り入れられる。

関連情報/https://www.youtube.com/channel/UCsulu2ghMsPVFeI5yVcb6aQ
構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。