人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ノートのように自由に使えるE-Inkパネルを搭載!SKTの10.3インチAndroidタブレット「Boox Note Pro」

2019.07.30

SKTから発売されたE-Inkパネル搭載のAndroidタブレット「Boox Nova Pro」と「 Boox Note Pro」のスペックが優秀だと話題になっている。

Androidタブレットをの購入を検討している人は、ぜひ一度チェックしてほしい。

Boox Nova Pro & Boox Note Pro

Boox Note Pro

Boox Note Proは、10.3インチのディスプレイ、縦25cm×横18㎝の本体サイズ(B5相当)、390gの重量。論文のような固定レイアウトのA4サイズのデータであっても、余白の自動切り落とし機能により、十分に読めるサイズで表示される。

従来のフラットパネルと電磁誘導式スタイラス(4096段階筆圧検知)に加えて、フロントライト機能が搭載。薄暗い環境下で作業が必要な場合はライトを点灯して使用可能だ。

さらに、メモリは4GB、保存容量は64GBにアップグレード。動作速度が向上し、大量のデータを入れることが可能。また、10.3インチと大画面のため、見開き表示でも快適に読むことができる。

Boox Nova Pro

Boox Nova Proは、7.8インチのディスプレイ、縦20cm×横14cmの本体サイズ(A5相当)、275gの重量。一般的な手帳サイズで軽量でもあるため、Boox Nova Proは、鞄の中に入れて外へ持ち運ぶ方には最適な一台だ。直射日光下でAndroidタブレットを用いた作業をする場合でも、E-Inkディスプレイが採用されているため紙のように読みやすい。

従来のフロントライト機能に加えて、フラットパネル及びWacomの電磁誘導式スタイラス(4096段階筆圧検知)に対応。これまで電子手帳のガジェットは数多く存在したが、このBoox Nova Proは、その決定版といえるだろう。

価格はBoox Note Pro(税抜63800円)及びBoox Nova Pro(税抜36800円)。現在、Amazonにて発売中だ。

関連情報/https://www.amazon.co.jp/dp/B07M8CX4LG
構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。