人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

海外旅行者の6割が下痢に!夏休みは「菌のインバウンド」に要注意

2019.08.01

海外から持ち込むインバウンドAMR(薬剤耐性)菌が増加!

■薬剤耐性(AMR)とは?

現在、薬剤耐性のことを世界的にAMR (Antimicrobial Resistance)と呼んでいる。そもそも薬剤耐性とは何なのだろうか。 細菌などの微生物が増えるのを抑えたり壊したりする薬が抗菌薬(抗生物質)だが、微生物はさまざまな手段を使って薬から逃げ延びようとする。その結果、薬が微生物に対して効かなくなることを「薬剤耐性」という。

抗菌薬が使用されると、その薬が効く菌が減少しAMRをもった菌が生き残るため、それらの菌が体内で増殖し、人や動物、環境を通じて世間に広がっていく。抗菌薬は大切な薬だが、適切に使用することが大切なのだ。

■国連も「2050年にはAMRで年1000万人が死亡する事態」と警告

国連は、このままでは2050年までにはAMRによって年に1000万人が死亡する事態となり、がんによる死亡者数を超え、08~09年の金融危機に匹敵する破壊的ダメージを受けるおそれがあると警告した。

海外から持ち込まれるAMRで、現在事例が増えているESBL産生菌(薬剤耐性菌の一種)は大腸菌の仲間なので、腸内にいる分には感染しても自分自身に症状はない。楽しく旅行から帰ってきたものの、気が付かないうちに日本国内へAMR菌を持ち込んでいることになってしまうのだ。

■切り札といわれる抗菌薬が効かない菌も海外から

切り札といわれるカルバペネム系抗菌薬に対する耐性菌も、海外からの持ち込みが報告され問題となっている。腸チフスなど命にかかわる病気の耐性菌も報告があり、海外旅行でのAMR対策は喫緊の課題。日本にまだ入っていない耐性菌も欧米では、数々報告されている。

薬剤耐性菌による感染症は、薬が効かないという大変な事態に陥りいる。旅行者下痢症への抗菌薬の使用が薬剤耐性菌増加の原因のひとつとされているが、そもそも、海外で感染しないことが重要だ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。