人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

家飲みでつまみたい缶詰アレンジランキング、3位さば缶の味噌煮、2位さば缶のサラダ、1位は?

2019.07.30

“缶詰あるある” 1位「缶詰を買い置きして忘れていた」2位「保存用に買ったのにすぐに食べた」

全回答者(1,000名)を対象に、缶詰に関して経験したことがあるものを尋ねる調査が行われたところ、「買い置きしたまま存在を忘れていた」(32.7%)が最も高く、次いで「保存用に買ったのにすぐに食べた」(23.9%)、「災害用に備蓄し賞味期限が切れた」(18.7%)となった。

長期保存ができるため、つい買ったことを忘れてしまったり、災害用の備蓄品としてストックしたまま賞味期限が切れてしまったりすることがあるようだ。

普段の食事で非常食を定期的に食べて、食べた分をまた買い足していく“ローリングストック法”という備蓄方法がある。こうした方法を取り入れることで、食べ忘れや賞味期限切れを防ぐことができるのではないだろうか。

男女世代別にみると、20代男性では「缶詰を“パケ買い”した(パッケージデザインに魅かれて買った)」(16.8%)が、他の層と比べて高くなっている。

20代男性には、魅力的なパッケージデザインの缶詰を、思わず購入した人が少なくないようだ。また、40代男性では「珍しい缶詰を興味本位で買った」(22.4%)が、他の層と比べて高くなっていた。【図26】

【図26】

“珍しい缶詰”喫食経験率 20代男性では「イナゴ」や「シュールストレミング」は11%と高め

全回答者(1,000名)を対象に、“珍しい缶詰”の中で食べたことがあるものを尋ねる調査が行われたところ、1位「おでん」(18.9%)、2位「鹿肉」(7.0%)、3位「蜂の子」(5.2%)、4位「猪肉」(4.7%)、5位「イナゴ」(4.6%)となった。

男女世代別にみると、20代男性では「イナゴ」「シュールストレミング」(どちらも11.2%)が3位という結果に。イナゴの缶詰は、バッタの仲間であるイナゴをそのままの姿で甘露煮にしたもの。

またシュールストレミングは、“世界一臭い”といわれる、スウェーデン産のニシン塩漬けの缶詰だ。これらの缶詰に挑戦した20代男性は少なくないようだ。【図27】

【図27】

次に、“珍しい缶詰”の中で食べてみたいものを尋ねる調査が行われたところ、1位「たこ焼き」(20.6%)、2位「牛めし」「鶏めし」(どちらも19.6%)、4位「パエリア」(18.6%)、5位「から揚げ」(17.2%)となった。そのまま食事として食べられる缶詰に興味を持っている人が多いようだ。【図28】

【図28】

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。