人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

家飲みでつまみたい缶詰アレンジランキング、3位さば缶の味噌煮、2位さば缶のサラダ、1位は?

2019.07.30

家飲みで食べたい缶詰アレンジ 1位「ツナ缶のサラダ」2位「さば缶のサラダ」3位「さば缶の味噌煮」

缶詰は様々な料理にアレンジできる点が魅力の1つだが、どのようなアレンジ料理が人気なのだろうか。

全回答者(1,000名)を対象に、家飲みで食べたい缶詰料理・缶詰アレンジを尋ねる調査が行われたところ、1位「ツナ缶のサラダ」(34件)、2位「さば缶のサラダ」(17件)、3位「さば缶の味噌煮」(15件)となった。野菜などと組み合わせたサラダが人気のようだ。

また、「かき缶のアヒージョ」「さば缶のアヒージョ」「さば缶のチーズ焼き」「ツナ缶のパスタ」「焼き鳥缶の丼」(いずれも7件)が同数で7位となり、お酒との相性が良さそうなメニューが上位に。【図19】

【図19】

好きな人に作ってあげたい缶詰料理・缶詰アレンジを尋ねる調査が行われたところ、男性回答では、1位「ツナ缶のサラダ」(15件)、2位「ツナ缶のパスタ」(9件)、3位「さば缶のカレー」「さば缶のサラダ」(どちらも8件)となった。

女性回答では、1位「ツナ缶のサラダ」「ツナ缶のパスタ」(どちらも14件)、3位「さば缶のパスタ」(12件)という結果に。男女ともに、ツナサラダや、魚の缶詰を使ったパスタを作ってあげたいと思う人が多いようだ。【図20】

【図20】

好きな人に作ってもらいたい缶詰料理・缶詰アレンジを尋ねる調査が行われたところ、男性回答では、1位「ツナ缶のサラダ」(12件)、2位「さば缶のカレー」(8件)、3位「さば缶のパスタ」(7件)となった。

また、5位は「さば缶の味噌煮」「さば缶の味噌汁」(どちらも5件)となり、さば缶の様々なアレンジ料理が上位に挙げられた。女性回答では、1位「ツナ缶のサラダ」「ツナ缶のパスタ」(どちらも9件)、3位「さば缶のパスタ」(7件)という結果に。【図21】

【図21】

“缶詰にも食べ頃がある”って知っていた? 認知率は3割半

全回答者(1,000名)を対象に、缶詰の特徴や利用方法に関する内容について、それぞれ知っていたか尋ねる調査が行われた。

【缶詰は開封後は別容器で保存したほうがよいこと】については、「知っていた」の割合(認知率)が59.3%となった。認知率を世代別にみると、上の世代ほど認知率が高く、50代(77.2%)が最も高くなっている。【図22】

【図22】

【缶詰には保存料が使われていないこと】の認知率は41.5%となった。缶詰は密封されて加熱殺菌されているため、保存料なしで長期保存が可能。保存料が使われていると考えていた人が、半数以上いるようだ。【図23】

【図23】

【缶詰にも食べ頃があること】の認知率は35.2%。水産物の缶詰の場合、製造直後は魚に調味液が十分しみこんでいない状態だが、製造から少し時間を置いてからのほうが、徐々に味がなじんでおいしく食べられるといわれている。食べ頃を知っておくと、缶詰を一層おいしく食べられるのではないだろうか。【図24】

【図24】

【缶詰には2019年の消費増税時に軽減税率が適用されること】の認知率は22.6%となり、知らなかったという人が多数を占めた。

2019年10月に予定されている消費増税では、酒類・外食を除く飲食料品に軽減税率が適用される。缶詰もこの飲食料品に含まれるため、軽減税率適用の対象となる。軽減税率の対象品目については、まだ十分理解されていないようだ。【図25】

【図25】

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。