人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

280種類以上から選べるリズムマシンを搭載したBOSSの次世代ルーパー「RC-10R」

2019.07.27

ローランドは、演奏を重ねて録音・再生を繰り返し、リアルタイムに曲を作りあげながらパフォーマンスを行なえるルーパーの最新モデルとして、ボス(BOSS)ブランドから「リズム・ループ・ステーション RC-10R」を今秋発売する。価格はオープン。予想実勢価格は30,000円前後(税別)。

同社では、2001年に「BOSS ループ・ステーション RC-20」を発売以来、ラインアップを拡充し、さまざまなモデルを展開。今回発売する「RC-10R」は、従来の「ループ・ステーション」の基本機能を継承しつつ本格的なサウンドのリズムを連動させることで、より表現性豊かなパフォーマンスを実現する新しいコンセプトのルーパーだ。

リズムは、イントロ、パターン1、パターン2、エンディングで構成され、パターン1とパターン2はそれぞれループのトラック1、トラック2と連動。リズム・パターンは、ロック、ポップ、ラテン、ジャズやエレクトロニカなど、280種類以上から選べ、ディビジョン間はフィルを挟んでスムーズに繋がるため、イントロからエンディングまで自然な楽曲の展開が可能だという。

リズムの音色は16種類のキットを内蔵し、好みの音色に切り替えることが可能。専用のソフトウェアを使えば、パソコンで作成したオリジナルのリズム・パターンのSMFデータを最大50種類まで本体に保存して使うことができる。さらに、ウェブサイト「BOSS TONE CENTRAL」に用意された、ルーパー用のコンテンツを取り込んでパフォーマンスに活用することも可能だ。

また、演奏性にも優れ、本体の下部左側のスイッチはループ用、右側のスイッチはリズム用に配置され、迷うことなく操作することが可能。2つのサークル・インジケーターは、ループとリズムそれぞれの演奏状況をわかりやすく表示されている。音量レベルの調整もツマミですぐに行なえる。

最大6時間録音可能で、ルーパー・エンジンは、スタジオ・レコーディング機器に匹敵するAD/DA変換 32bit、内部演算 32bit float(浮動小数点)処理の高いオーディオ・クオリティを実現。そのほか、ギターアンプやPAシステムなど、接続する機器の特性に合わせて音質を最適化するトーン・フィルター機能も装備する。

本体サイズはW101×D138× H65mm(ゴム足含む)、質量は620g (ACアダプターを除く)。

製品情報
https://www.boss.info/jp/products/rc-10r/

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。