人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

レノボからThinkCentreシリーズ最小となる超小型デスクトップPC「ThinkCentre M90n-1 Nano」登場

2019.07.26

レノボ・ジャパンは、ビジネス向けデスクトップPC「ThinkCentre」シリーズ史上最小サイズの「ThinkCentre M90n-1 Nano」を発売した。販売価格は74,000円(税別)~。

「ThinkCentre M90n-1 Nano」は、ゴルフボールなら横幅4個分、奥行き2個分相当の大きさを実現した約0.35Lサイズの超小型デスクトップPC。最大15Wの省電力CPUを搭載し、ThinkCentre M920s Smallと比較して、1台あたり年間約1,476円の電力コスト削減が可能だという。

また、Lenovo USB Type-C ノートブックパワーバンクから給電しながら利用でき、Type-Cモニターからケーブル1本で給電と映像表示が可能。さらにオプション製品であるドッキングステーションと接続することで給電とインターフェースの拡張が可能だ。

さらに、MIL規格に準拠した優れた堅牢性を実現し、VESAやDIN規格に対応した設置用のオプション製品も複数用意。Nano用Tiny-in-Oneモジュールを利用することでThinkCentre Tiny-in-Oneシリーズへ装着することもできる。

OSはWindows 10 Pro 64bit/Windows 10 Home 64bit。CPUはインテル Core i7/i5 /i3。メモリは16GB/8GB、ストレージは128GB。本体サイズは約179×22×88mm、重量は約505g。

そのほか、Windows OSを採用した超小型エッジPC「ThinkCentre M90n-1 Nano IoT」も発売。販売価格は45,000円(税別)~。

約0.55Lのコンパクト設計でMIL規格に準拠し、スペースの限られた場所への設置や可動時の温度が高いなど厳しい環境での利用にも適し、また外部にもヒートシンクを搭載したファンレス構造により、埃の吸い込みによるトラブルがないという。

OSにはWindows 10を搭載しているため、導入・運用が容易に行え、既存システムとの高い親和性を実現。デスクトップPC並みのパフォーマンスを備えているので、エッジレイヤーで必要とされる収集、前処理、分析、転送など高負荷が求められる作業も可能だ。

無線通信はWi-Fi&Bluetooth、LTEの他、LoRaにも対応可能。そのほか、VESAやDIN規格に対応した設置用のオプション製品も複数用意する。

OSはWindows 10 Pro 64bit/Windows 10 IoT Enterprise LTSC。CPUはインテル Core i3 /インテル Celeron。メモリは8GB/4GB、ストレージは128GB。本体サイズは約179×34.5×88mm、重量は約720g。

関連情報
http://www3.lenovo.com/jp/ja/

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。