人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

どこまで使える?海外旅行に持って行きたい自動翻訳機6選

2019.07.26

夏休みに海外旅行に出かける方も多いだろう。現地に持って行って試してみたいのが自動翻訳機。各社から続々と発売されている最新モデルを@DIMEから6点を厳選した。

最新自動翻訳機6選

キングジム「ワールドスピーク」

キングジムは、世界72言語を瞬時に翻訳できる2台1組の対話型翻訳機「ワールドスピーク HYK100」を7月19日に発売する。価格は148,000円(税別)。

【参考】世界の72言語に対応!窓口業務に最適なキングジムの2台1組対話型翻訳機「ワールドスピーク」

「Langogo」

双方向の即時音声翻訳デバイス「Langogo」はただの音声翻訳機ではない。 73ヶ国で使われている92の言語に対応。大規模な言語データベースとつながり、24の翻訳エンジンを搭載。オンライン翻訳にすることで、大量のデータベースの中から翻訳結果を検索し、手のひらサイズのデバイスへ話しかけるだけで、「高精度な翻訳」を即時に実現する。

【参考】92の言語に対応!即時翻訳、音声案内、Wi-Fiルーターが一体化した音声翻訳機「Langogo」

「AI air」

「クラウドSIM」 技術を搭載した翻訳機として、日本で初めて実用化された製品がAI翻訳機&モバイルWiFiルータ『AI air(エーアイ・エアー)』だ。 各国通信キャリアに対応するSIMカードをクラウドにおいており、機器内蔵のGPSで利用地域を自動認識して、その地域の最適SIMカードを自動選択する技術が採用されている。

【参考】Wi-Fiルーターとしても使える!英語、中国語、韓国語の3か国語に対応したクラウドSIM搭載型のAI翻訳機「AI air」

さくらネット「Mayumi3」

さくらネットの音声翻訳機「Mayumi3」が多言語対応を拡張し、オンライン双方向翻訳で「85言語」、カメラ/OCR翻訳で「13言語」、オフライン翻訳で「8言語」の双方向翻訳に対応し、飛躍的な進化を遂げた。

【参考】オンライン双方向翻訳で85言語、カメラ/OCR翻訳で13言語、オフライン翻訳8言語に対応したさくらネットのSIM対応音声翻訳機「Mayumi3」

Timekettle「WT2 Plus」

自動翻訳機の進化形とも言えるのが、互いの耳にひとつずつ装着して使用するイヤホン型。マイクを搭載した専用のイヤホンとスマホをBluetoothで接続、スマホの専用アプリが翻訳エンジンにアクセスし翻訳してくれる。ディスプレイ型と違い、相手にデバイスを見せる必要がなくスムーズに会話できる。LINEもイヤホン型の開発を発表しており、新製品の登場に期待したい。

【参考】ここまでくれば最強!アプリを介して会話ができるTimekettleのイヤホン型自動翻訳機「WT2 Plus」

エクス・インプライズ「Easytalk」

microSIM対応でモバイル接続が可能。下のボタンを押して話す、上のボタンを押して相手に話してもらうというシンプルな操作で、38言語を双方向に翻訳。会話の履歴を最大1000件まで記録できる。

【参考】microSIM対応で通信可能!会話の履歴を1000件記録できるエクス・インプライズの自動翻訳機「Easytalk」

構成/DIME編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。