人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ラコステ、フレッドペリー、ブルックスブラザーズ、オンもオフもカバーするコスパ最強ポロシャツはコレ!

2019.08.24

コスパ最強ポロ決定戦!

1枚で着てもサマになるポロシャツは夏の主力。中でもクールビズのこの時期は、オンとオフともに、白ポロシャツの着用頻度は高くなる。そこでポロシャツ御三家と呼び声の高い、仏英米3ブランドに注目。定番モデルの総合力を検証した。

白ポロシャツのココをチェック!

白ポロシャツファッションライターの佐藤さんはラコステ派、同・牛島さんはブルックス派、そして編集・ワタナベはフレッドペリー派。3者3様の視点で回診。

テスト項目

[TEST.1]洗濯後の縮み

綿ニットのポロシャツは洗うと縮むのが常識。ワンウオッシュ後の縮み具合を比較。

[TEST.2]シルエット

シンプルなウエアはシルエットが命。フィット感や透け具合などをチェック。

[TEST.3]耐久性

同じ鹿の子編みのニットでも品質は様々。強度や色持ち性などを見比べた。

ラコステ『L.12.12』

1万3000円

ラコステ『L.12.12』テニスプレーヤーだった創業者が1933年に開発。ポロシャツのオリジンとしても知られ、当時の作りを継承しつつ、マイナーチェンジを繰り返すことで定番の地位に君臨し続けている。

ポロシャツの原点

[TEST.1]「胸囲2.5cm減。綿100%でこの縮みにくさは優秀」

繊維が細く長い最上級のコットンのみを厳選しているため、縮みは少なかった。

【評価】★★★★☆

[TEST.2]「直線的なシルエットにシニア感がふわり」

「直線的なシルエットにシニア感がふわり」脇から裾へ真っすぐに落ちる身幅が残念。着る人を選ばないシルエットだが、ややシニアな印象に。

【評価】★★★☆☆

[TEST.3]「耐久性や色持ち性がズバ抜けている」

「耐久性や色持ち性がズバ抜けている」双糸(2本の糸)で生地を編んでいるため、耐久性は抜群。樹脂処理で色落ちもしにくい。

【評価】★★★★★

〈牛島’S総合評価〉

牛島’S総合評価

「シルエットはいい意味で中庸だが、芸の細かな作り込みはさすがのひと言。特にすばらしいのは生地の品質。色落ちに強く、ヘタりにくいので、長く使える1枚がほしいならラコステを選ぶべき」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。