人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

国産コーヒーを飲める日は近い!?ネスレが立ち上げた「沖縄コーヒープロジェクト」の将来性

2019.07.29

1杯1,000円のプレミアム・コーヒーが飲める日が来る?

このプロジェクトは、沖縄の一次産業における問題の解決を目指すもので、1人あたり年間400杯といった、安定的な需要が見込める沖縄の新しい産業に育てたいという考えがある。

ちょうどハワイのコナコーヒーのような産業として定着することが目標で、コーヒー豆やコーヒー製品を沖縄の新たな特産品とし、サッカー場を併設した農園を将来的に開発するなど、コーヒー豆の栽培だけでなく、それを通じて新たな産業を育成することも目指す。

記者発表では、今後、沖縄産のコーヒーを1杯1,000円のプレミアム・コーヒーとして飲めるカフェの可能性も示唆された。

ネスレ日本の担当者に、沖縄コーヒーが飲める日はいつになるのか、聞いてみた。

「沖縄コーヒープロジェクトは数年先ではなく、数十年先を見据えて取り組んでいるプロジェクトです。全国に流通する製品を発売するためには、相当な数のコーヒー豆の収穫量が必要となるため、店舗で手軽に飲むことができるようになるまでには、まだまだ時間がかかると考えています。

沖縄産のコーヒーをみなさまにお飲みいただくステップとして、収穫量の拡大に応じ、(1)沖縄現地の農園やカフェなどでのコーヒーの提供・コーヒー豆の収穫体験など、(2)沖縄現地で販売する製品(お土産)の販売、(3)沖縄以外の地域でも購入できる製品の販売といった3段階を経ていくことになるのではと考えています」

沖縄コーヒーが、ハワイのコナコーヒーのような存在になることは当面、先のことのようだが、プレミアム・コーヒーとしてカフェで飲めるようになる日が、わずかでも近づいたようだ。

取材・文/石原亜香利

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。