人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

本当に老後資金に2000万円も必要?実際はいくら貯めておけばいいのか計算してみた

2019.07.27

金融庁の報告「老後資金に2000万円が必要」な時代

 2019年6月3日に、金融庁の金融審議会報告書で「夫婦そろって65歳から30年間生きると、老後資金が総額で2000万円不足する」と試算された、そんなニュースが公表され社会問題になっております。

 それにしても「老後資金が2000万円足りない」だなんて大変です。ちょっと言いすぎではないでしょうかと思い、いろいろなところが試算している必要な老後資金について調べてみますと、どうやら事態は深刻となっていることがわかりました。

老後資金はいくら貯める必要があるの?

 一般のビジネスパーソンが定年の65歳まで働き、その後30年生活する期間は原則、年金に頼って生活することとなります。その場合、老後資金はいくら貯める必要があるのでしょうか?

老後資金は独身ならいくら必要か?

【参考】TRUST BLOH 将来のための資産運用情報サイト

 こちらのサイトでは、「無理なくゆとりある老後生活を送りたい場合は、単身で約5800万円必要である」とされています。

 そこから、年金の額を差し引いた不足分は、65歳で無職になったと仮定して、老後25年(90歳まで生きた場合)で、「203万円」足りないという試算になっています。

 この金額なら、貯金すればなんとか……と思える金額のような気がしますが、今後の物価の上昇、病気、ケガなどの不測の出来事があるかもしれないと考えますと、200万円程度の貯金では心配ではないでしょうか?

老後資金は夫婦ならいくら必要か?

 さらに、同サイトでは、「無理なくゆとりある老後生活を送りたい場合は、夫婦ふたりで約4170万円必要である」とされています。

 そこから、年金の額を差し引いた不足分は、片働きのサラリーマンの場合、老後25年(90歳まで生きた場合)で「1327万円」足りない、という試算になっています。共稼ぎなら「603万円」とのこと。

 「さすがに2000万円は必要でなかったんだ……。良かった」と思うのはちょっと待って! もっと高額の試算も出ています。

 様々な専門家や投資アドバイザーの方が、老後の資金について試算していますが、ざっと挙げてみますと、

●退職金抜きで3000万円必要
●3500万円から4500万円必要
●6400万円必要

……と、高額な試算をしている方も多数います。

 今後の不確実性の時代を考えますと、6400万円でも足りないのかもしれません。

自営業の場合、老後資金はいくら必要?

 一般的なビジネスパーソンの場合は老後に厚生年金や退職金、企業年金がありますが、自営業の場合は国民年金だけです。

 そんな自営業者のための老後資金についても、TRUST BLOH 将来のための資産運用情報サイトで試算されていますが、夫婦ともに自営業であれば、老後期間25年(90歳まで生きた場合)で4637万円、独身の場合でも2977万円が必要なようです。

一人暮らしをする場合、老後の資金はいくら必要か?

 例えば、最近急増している、ずっと独身の一人暮らしの女性の場合、老後の資金はいくらくらい必要になるのでしょうか……?

 60歳から90歳までに必要な生活費は、約5000万円。それに対して、老後の年金収入は約3000万円。差し引き約2000万円が必要という試算があります。

 金融審議会報告書の試算とほぼ同額ですが、報告書は「夫婦」としての試算ですから、実は金融庁はかなりソフトな試算を出していた可能性があります。いずれにしてもそこまで貯金している人はそうそういないでしょうから、

●生活レベルを見直して節約につとめる
●労働期間を延長する
●個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)やつみたてNISAなど、税制優遇のある制度を利用して、働ける間は資金をちゃんと運用する

などの準備、心構えが不可欠かもしれません。

老後の資金がいくら必要か?シミュレーションのおすすめある?

それでは、老後の資金がいくら必要かシミュレーションしてくれるところはないのでしょうか……。いくつかWebサイトでシミュレーションをしてくれるサイトがあります。

【参考】老後資金シミュレーション | JAバンク

ライフプランシミュレーション-ゆうちょ銀行

 ほかには、メインバンクの銀行やファイナンスプランナーなどに試算してもらうのも良いでしょう。

 また、特定の保険会社ではなく、フラットな立場で保険を見直せる「保険見直しサービス」を行っているお店で、保険も一緒に見直してもらいますと、意外と支出が控えられるかもしれません。

 筆者の場合は、そういったお店で保険を見直した結果、結構支出が抑えられて、かつそこそこの保障も得られたので結果的に良かったなあ、と思っています。あくまでも個人的感想です。

老後資金はいくらあれば安心か?

 人生100歳時代。これまでの資料を総合すると、

●夫婦で90~95歳まで生きるなら、最低3000万円~6000万円、できれば1億円
●現役から貯金をする
●節約を心がける
●保険の見直しや資産運用などを考慮する

 などのライフプランが必要かもしれません。

※データは2019年7月下旬時点での編集部調べ。
※本記事は投資を推奨する目的はありません。あくまで自己責任・自己判断でご利用下さい。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。

文/FURU

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。