人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

賢人たちが予測!今度の新型「iPhone」はどう進化する?

2019.07.26

■連載/法林岳之・石川 温・石野純也・房野麻子のスマホ会議

スマートフォン業界の最前線で取材する4人による、業界の裏側までわかる「スマホトーク」。今回はアップルの開発者会議「WWDC」から見えてきた、2019年新型iPhoneについて議論します。

iPadOSでよりPCライクに使えるiPadに

房野氏:Appleの年次開発者会議「WWDC 2019」が6月上旬に開催されました。今回は盛りだくさんの内容でしたね。

房野氏

石野氏:OSもメジャーアップデートは2年に1回なのかなと今回思いました。去年との落差がすごく大きかった。去年は古い端末でも新OSを使えるということと高速化ばかりだったけれど、今回は新機能のオンパレードで、ネタが多すぎるわ!って感じ。端末が大きく変わるのは2年に1回くらいだし、OSもそうなんだなって感じがしました。そのくらい変わることが多くて、ファイルシステムが変わるのが結構大きい。それと「iPadOS」が独立したとか。まぁなんか大変なWWDCでした。

石野氏

石川氏:個人的に期待しているのは地図。

石川氏

房野氏:Google マップのストリートビューみたいな機能が入りますね。

石川氏:「Look Around」ですね。独自に聞いたところによると、Appleは2020年をターゲットに日本でも便利な地図にバージョンアップしたいという狙いがある。それによって地図の精度も上がるし情報量も増える。あと、リアルタイムの乗り換え案内にも対応する。バスに対応すると言っていたので、かなり使い勝手が上がると思います。あと、Apple PayとSuicaの連携も考えているという話をしていた。どういう意味か分からないんですけど、とにかく日本でApple Payを使いつつ便利な地図が使えるようになりそうで、期待できると思います。分からないんですけど、もしかしたらSuicaアプリを入れなくても乗り換え案内と組み合わせて電車に乗れたりするのかなとか、買い物が便利になるのかなとか想像してます。

石野氏:僕はiPadOS。iOSでもそうなんですけど「ファイル」アプリのこれじゃない感が一気になくなったことですね。独自に取材したところによると、ファイルの一番上の階層にもちゃんとフォルダを作れる。最初からそうやってよとも思いましたけど、ようやくMacでいえばファインダー、Windowsでいえばエクスプローラのように使えるようになる。それからSDカードから直接読み込んだデータをそこで処理できたり、ファイルサーバに対応したり。ファイルの扱いが大きく変わることで、iPhoneにも影響しますけど、iPadは特によりPCライクな使い方ができるようになる。

房野氏:正直、これはもうPCですよね。

石川氏・石野氏 うん。

房野氏:最近、MacBookじゃなくてiPadでいいかなと思い始めているのですが、そこまでは行っていないですか?

石川氏:行っていると思いますよ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。