人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

夏休み目前!出かける前に用意しておきたい海外旅行必須アプリ4選

2019.07.24

今年のお盆休みは、あの「令和ゴールデンウィーク」に準ずるほどの大型連休である。その気になれば最大9連休、という具合だ。

この連休を利用して、海外に出かける人も少なくないだろう。そこで今回は、筆者が読者の皆様にインストールをお勧めするアプリを紹介させていただきたい。

というのも、筆者は仕事の関係で度々海外に渡航する。決して大層な身分というわけではなく、要は複数の契約メディアの編集部との仕事であり、海外企業への取材のために出向くこともある。

今回は、そんな筆者のスマホにインストールされている「海外旅行で大活躍するアプリ」をいくつかご紹介しよう。

5通貨のレートを一度に算出

海外旅行の際にまず頭を悩ませるのは、両替である。

街中の両替所で換金する際、実はその店舗の電光掲示板に表示されているレートが正規のものとは限らない。不当に安く設定している場合もあるし、逆に不自然な高レートにしていることもある。両替後に、有利なレートを相殺するコミッションを請求するという手口だ。そういうことがあるから、自分で現在の為替レートを調べる作業は必須のものである。

筆者が日常的に利用しているのは『iMoney』というアプリだ。

世界各国の通貨を網羅している上、最大5通貨の同時換算ができるという機能を有している。5日前までに遡ったレート推移を確認することも可能。しかも通貨だけでなく、金銀プラチナの相場もチェックすることができる。

新興国の通貨は、ある日突然価値が下落することがある。2018年8月にはトルコリラが僅か1日の間に20%も暴落した。この時、たまたまトルコに滞在していた外国人観光客がイスタンブール市内の高級ブランド店に列を成したという現象まで起こった。

そういうことがあるから、筆者はいつも現地紙幣の他に米ドル紙幣も用意しておく。ただ、その分だけレート計算もややこしくなってくる。渡航先で紙とペンと電卓を取り出してガチャガチャするわけにもいかないだろう。

iMoneyは、その煩わしさを一気に解消してくれる便利アプリだ。

定番の配車サービス「Uber」と「Grab」

都市での移動にはタクシーが有効だ。だが、国によってはタクシードライバーが外国人観光客に対して不当な料金を請求することも。

そこで役立つのが、何かと話題の『Uber』。いわゆるライドシェアというもので、スマホで車を呼べるサービスだ。

「ライドシェアは危険」というイメージがあるかもしれないが、実のところライドシェアはドライバーによる不正を減らしている。というより、ドライバーが不正できる余地がない。料金は乗車前に算出されるから、高速道路を利用した等の理由がない限りはそれ以上加算されることはない。

東南アジア諸国へ旅をする場合は、Uberではなく『Grab』のアプリをインストールする。というのも、Uberは去年東南アジアでの事業をGrabに売却しているからだ。

ただし、気をつけたいことがひとつ。地域によってはライドシェアの乗り入れ自体が禁止されている場合もある。代表的な例は、インドネシア・バリ島の繁華街レギャン通り。ここは外国人観光客が多い場所で、既存タクシー会社にとってはまさに「ドル箱」である。つまり、ライドシェアがタクシー業界の利益に干渉しないための協定が存在するのだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。