人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

そこがどんな土地柄なのかを知るためにまず最初に行くべき場所とは?

2019.07.27

 引っ越しを思いたった時、住んでみたい場所がどんなところなのか誰しも気になるところだろう。そこがどんな土地柄なのかは、レストランのレビューサイトでその付近の飲食店をあたってみるとかなり正確にわかるというから興味深い。

AIが飲食店レビューのデータから土地柄を正確に予測

 その街の雰囲気や土地柄は場所によってはほんの少し離れているだけでもガラリと変わることもある。そのエリアがどんな場所なのか手軽にわかる方法はないものだろうか。最新の研究ではその周辺のレストランレビューのデータで土地柄についてかなりのことがわかることを報告している。

 米・マサチューセッツ工科大学の研究チームが2019年7月に「PNAS(米国科学アカデミー紀要)」で発表した研究では、レストランレビューサイトの情報を機械学習したAIによって、そのエリアの社会経済的な属性をかなりの正確さで割り出すことができることを報告している。

 研究チームは中国の9都市(保定市、北京市、成都市、衡陽市、昆明市、瀋陽市、深圳市、岳陽市、鄭州市)において、町内レベルのエリアに分けて詳細な調査を行ったのだが、その土地の各種の属性を知るために中国のレストランレビューサイト「大衆点評(Dianping)」のデータを用いたのだ。

Tech Xplore」より

 データの分析に使われたのは、機械学習の性能を向上させるために新たに開発された技術(data augmentation methods)で、レストランレビューの各種のデータから付近住民の社会経済的な属性を割り出すことを目的にしている。

 レストランレビューをデータにするというこのユニークな手法によって導き出された各種の数値は、驚くほど正確なものであった。従来の手法による各種統計データと比べると、例えば日中の人口の変動を95%の確率で予測した。また夜間人口の変動も95%の確率で予測し、事業者数の変動も93%、消費金額の変動も90%の確率で予測することができたのである。

 研究チームは機械学習を続けることでさらに正確な分析が可能になると見込んでいて、こうした簡便なデータ分析で事業者の出店計画などにも活用できる有効なデータが手軽に得られるようになると報告している。

 実際に分析を行うのはコンピュータだが、古くからある地元の店はその街について実に多くのことを物語っているのだろう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。