人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ロボット掃除機の最新モデルはどこまで床をキレイにできるのか?「ブラーバ390j」と「Dyson 360 Heurist」で検証!

2019.09.01

今年発売のロボット掃除機でも注目度の高い、ダイソンのハイエンド機『Dyson 360 Heurist』と、人気上昇中の床拭きロボット『ブラーバ390j』。この2機種を実際に走らせ、吸引力から気になる使い勝手まで、その実力を神原サリーさんが引き続き、一刀両断!

〈ロボット掃除機を回診した人〉

家電コンシェルジュ 神原サリーさん
家電を中心にした執筆など、幅広く活躍。わかりやすい解説と気さくな人柄から各メディアで引っ張りだこ。著書に『サリー流「効率家事」』(宝島社)。

夏こそ実感!素足で感じる拭き掃除の心地よさ

 ロボット掃除機で今夏、トレンドとなりそうなのが床拭きタイプ。

「床材にフローリングを使う家が8割以上になりニーズが高まっているうえに、パナソニックが新規参入するなど、より関心が集まっているんです」

 今回テストしたのは、元祖床拭きロボの新製品『ブラーバ390j』。

「水を噴射して汚れを落とすジェットタイプの『ブラーバジェット250』もありますが、私は人がやる雑巾がけのように程よい圧で、丁寧かつしっかり拭き上げるこのモデルがお気に入り。テストでは、砂や羊毛、調味料を床にこぼしてテストを実施。どれも掃除後に素足で歩きましたが、床のキュキュッとした感じが足裏から伝わってきて、ホントに気持ちよかった」

 とはいえ、水拭き、から拭きが主用途なので、あくまで掃除機のサブ機。フローリングが多い家、という条件もつく。

「ただ軽いホコリや髪の毛ぐらいなら絡め取ってくれますし、価格も手頃。ロボット掃除機が初めてという方は、ここから入るのもいいと思いますよ」

テスト項目

[TEST.1]から拭き機能

羊毛と砂を撒き、「ドライモード」でゴミ取り性能と、から拭き後の床の状態を確認。

[TEST.2]静音性

作業時の運転音を、スマホの専用アプリで測定した。静音モデルは60dBが目安。

[TEST.3]水拭き機能

水拭きの「ウェットモード」で、飲みこぼしの清掃状態をチェック。醤油などを使用。

[TEST.4]独自機能

今回は付属品の内容と、メンテナンス性などをチェックした。

アイロボット『ブラーバ390j』アイロボット『ブラーバ390j』
3万9880円

広いフローリングのリビングがある家に最適な『ブラーバ』の新モデル。ドライ&ウエットクロス各2枚と床用洗剤2回分が付属する。清掃能力は『ウェットモード』で最大20畳、ドライモードで最大56畳。

充電時間:約120分 サイズ:W244×H79×D216mm、約1.8kg

North Starキューブ正確な位置情報を送信する「North Starキューブ」が付属。部屋の形状や家具の配置を把握して、清掃効率を高める。

床用洗剤『床用洗剤』(880円)が今夏発売予定。437ml。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年2月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライト」!特集は「無印良品/ニトリ/イケア ベストバイ」&「テレワークに使えるベストPC選手権」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。