人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

次世代規格のWi-Fi 6に対応!最大転送速度4804Mbpsを実現したASUSの超速トライバンドゲーミングルーター「ROG Rapture GT-AX11000」

2019.07.23

160MHzチャンネル帯域幅対応、Nitro-QAMを備えた 4x4デュアルバンドWi-Fiルーターで無線機器を劇的に高速化させるASUS JAPANの「ROG Rapture GT-AX11000」。

2.4GHz帯では1148Mbps、5GHz帯では4804Mbpsの通信速度を実現し、一般的な802.11ac 4x4デュアルバンドWi-Fiルーターよりも2.3倍高速な通信が可能となる。

最大転送速度4,804Mbpsのトライバンド ゲーミングWi-Fi無線ルーター「ROG Rapture GT-AX11000」

製品には1Gbps対応のWANポート1基とLANポート4基に加え、2.5Gbps対応のWAN/LAN兼用ポートを1基備えている。現在主流である1Gbpsは802.11axの転送速度を生かすためのボトルネットとなっており、2.5Gbps対応のWAN/LANを搭載することで上限を高めた。

また、最新テクノロジーOFDMAとMU-MIMOを組み合わせた802.11ax規格により、多くのデバイスが接続する高密度のネットワーク環境において、最大4倍のトラフィックの効率化が可能に。

前世代の規格802.11acでは各ネットワークチャネルで1つのデバイスのみの処理を行っており、帯域幅の利用としては効率的な伝送ではなかった。OFDMA対応の802.11axでは、各チャネルに小さなサブチャネルを分割し、複数のデバイスの信号をまとめて送信するため、よりスムーズで遅延のないワイヤレス通信を実現する。

Target Wake Time(TWT)は、デバイスのデータ送信の間隔の調整を行い、ルーターの信号待機の必要がないときにスリープ状態に移行することで、バッテリーの消費を大幅に改善し、最大7倍長持ちさせることができる。AiMeshは、複数のASUS Wi-Fiルーターを繋ぎ合わせて、家庭内の隅々までWi-Fiネットワークを構築する最新機能だ。

ネットワーク内に異なる対応モデルを混在させることができるので、すでにお持ちのASUS Wi-Fiルーターが対応していれば、無駄にすることなく活用が可能。また、シームレスなローミング技術によって、ネットワーク内を移動しても同一のSSIDを維持したまま切り替えることなく接続ができる。

詳細については公式サイト(関連情報)をチェック。

関連情報/https://www.asus.com/jp/Networking/ROG-Rapture-GT-AX11000/
構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。