人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

1年間使った時の電気代は?消費電力を抑えて保温ができる電気ポットの選び方 

2019.07.24

電気ポットは、沸騰させたお湯を保温しておくことができる便利な家電ですが、常に電源を入れていると、電気代が高くなってしまうのでは? という疑問が浮かびますが、1年中電気ポットを使用した時の電気代は、省エネ機能や保温性能を高めるまほうびん構造などによって、とても安くなっています。

ここでは、電気ポットを1年中使用した時の電気代や省エネ性能の高い保温ができる電気ポットをご紹介します。

保温効果が高い象印の電気ポットの特徴や性能

象印の電気ポットには、保温効果の高いまほうびん構造が搭載されている製品があり、真空断熱層とヒーターを組み合わせ、熱が逃げにくい構造になっています。また、沸騰検知センサーで湯沸かし時の電力消費を抑えることで、省エネな製品が数多く販売されています。ここでは、象印の電気ポット「マイコン沸とうVE電気まほうびん優湯生 CV-WB22」を参考に、特徴や性能、電気代などをご紹介します。

電気ポットの保温時間は設定できる? 冷めていくスピードは?

象印の電気ポットは用途に合わせて、98℃/90℃/80℃/70℃/まほうびんの5段階の保温設定ができます。まほうびんコースでは、湯沸かし完了後に自動で通電を停止し、まほうびん構造によって保温するので、消費電力の節約になります。2.2L容量のCV-WB22の場合、2時間で約90℃、4時間で約84℃、6時間で約78℃とゆっくりとしたスピードで温度が低下していきます。

光を検知し、自動で温度を調節できる電気ポットの保温性能

象印の省エネ機能は、部屋の暗さ(5ルクス以下)を5分検知すると、自動で保温ヒーターへの通電を切り、夜間は70℃で保温してくれて、部屋が明るくなったのを(15ルクス以上)5分検知すると、自動で設定温度まで温めを開始してくれる光省エネモードを搭載しています。就寝前に電源を切り、起床時にスイッチを押す手間が要らず、消費電力も抑えてくれるモードです。

電気ポットの保温温度はタイマーできる? 沸騰させずに省エネ保温

電気ポットは、温度を設定し、タイマー予約(6時間/7時間/8時間/9時間/10時間)することで、使用時間に合わせて温めを開始でき、2時間操作が無い時は、70℃の保温を自動で開始するなど、電気代を抑える省エネタイマー機能が搭載されています。また、カルキ飛ばしの必要がない時は、沸騰させずに設定温度(90℃/80℃/70℃)まで温めてくれて、時短・節電になるモードが搭載されています。

電気ポットの消費電力・電気代は? 保温を続けると高くなる?

「1日に湯沸し2回、再沸騰1回、保温90℃で23時間」を1年(365日)使用した場合、約5500円の電気代がかかります。1年中保温や再沸騰を使用した場合で5500円なので、省エネ機能の70℃保温やタイマーを使用して、電気代をさらに抑えることも可能です。(室温23℃、新電力料金目安単価27円/kWh(税込)にて計算)

おすすめ機能が豊富な保温機能付き電気ポット

保温機能付き電気ポットの中にも、安全性に優れた製品やお湯を弱アルカリ性に変えるなどの機能が搭載された製品が販売されています。ここでは、保温機能以外にも便利な機能が搭載されている電気ポットをご紹介します。

省エネや時短、蒸気レスが特徴の象印のまほうびん構造電気ポット

ZOJIRUSHI マイコン沸とうVE電気まほうびん 優湯生 CV-WB22

プラチナナノ粒子を内容器にコーティングすることで、お湯が弱アルカリ性に変化し、茶葉からカテキンが抽出されやすくなる2.2L容量の電気ポットです。満水状態の水を約13分で沸騰させるハイスピード沸騰と蒸気を外に出さない蒸気レス構造が特徴で、まほうびん保温・光省エネモード・沸騰セーブなど、機能が豊富に搭載されています。

【参考】ZOJIRUSHI公式 製品詳細ページ

5リットルの大容量サイズで大家族や会社に活躍する象印の電気ポット

ZOJIRUSHI マイコン沸とう電気ポット CD-PB50

蒸気を90%カットする蒸気セーブモードや5段階のタイマー設定、少量のお湯をゆっくり注げるカフェドリップ給湯などの機能を搭載した大容量の5L電気ポットです。98℃/90℃/80℃で保温でき、水量が約500ml以下になるとセンサーが感知し、ブザーでお知らせしてくれます。

【参考】ZOJIRUSHI公式 製品詳細ページ

象印と比較してわかる機能の違い|タイガーのおしゃれ電気ポット

TIGER 蒸気レスVE電気まほうびん PIG-S

子供たちの安全・安心、創造性・未来を拓く商品に贈られるキッズデザイン賞を受賞したタイガーの3.0L容量の電気ポットは、蒸気レス/空焚き防止/自動ロック電源給湯/傾斜流水防止/転倒流水防止など安全性の高い機能を搭載しています。2重の真空断熱構造で保温力もあり、省エネな製品です。

【参考】TIGER公式 製品詳細ページ

1年中温かい飲み物が飲める電気ポットの省エネ機能や保温性能を利用してみてはいかがでしょうか。

※データは2019年7月下旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/Sora

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。