人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

令和で飛躍しそうなアーティストランキング、3位「マカロニえんぴつ」、2位「あいみょん」、1位は?

2019.07.22

5位は、映画『コンフィデンスマンJP』の主題歌を歌ったOfficial髭男dism

4位は、愛知出身の4ピースバンド "リョクシャカ" こと緑黄色社会がランクイン。透明感ある歌声で新世代のポップソングを歌っている彼らは、10代アーティスト限定の音楽の甲子園『閃光ライオット2013』にて準グランプリを獲得、インディーズ時代より人気を得ていたバンドだ。

同級生3人と幼馴染で組まれ、お互いを知り尽くした4人がそれぞれの個性を出し合い、様々なカラーバリエーションを持った楽曲を表現し続けている。2019年もROCK IN JAPAN FES. 2019やSUMMER SONIC 2019など人気フェスへの出演が決定しており、今後も目が離せない。

5位はOfficial髭男dism。2012年に結成された島根県松江市出身の4人組バンド。フロントマンの藤原聡(Vo・Pf)が繰り出すポップ色全開のピアノサウンドと、ファンクやジャズ、ブラックミュージックの要素を加味したリズム、キャッチーなメロディ、そしてメロディと一体化した心地よい歌詞が幅広い世代から受け入れられている。

テレビ朝日系『関ジャム~完全燃SHOW~』にて”蔦谷好位置、いしわたり淳治の売れっ子音楽プロデューサー2人が選ぶ2017年の年間ベストソング特集!”の中で、蔦谷好位置が彼らの楽曲「Tell Me Baby」を「ラジオから流れてきたこの曲を聴いて、ブルーノ・マーズの新曲かと思って、思わず車を止めて聴いた」と絶賛。

平成からすでに注目を浴び人気を集めていた彼らだが、2019年5月15日(水)には、映画『コンフィデンスマンJP』の主題歌で、映画のために描き下ろした「Pretender」をリリース、本楽曲はストリーミングのランキングで1位を獲得し大ヒットを記録している。

「Pretender」がテレビで初披露された際、藤原聡の切なく力強い歌声とパフォーマンスに、心を打たれたというコメントが多く上がり、話題を呼んだ。

そのほか、6位には米津玄師にその才能を絶賛され、複数の音楽番組にても「2019年ブレイク候補」の上位に名を連ね大きな話題をよんでいる、中村佳穂がランクイン。

7位には2019年1月から放送開始したホンダ『ヴェゼル・ツーリング』のCMソング「Do Well」が話題を呼び、今年の大型夏フェス出演も決まっているSIRUP、8位には淡くほろ苦いファンタジックな世界観が溢れるヨルシカがランクイン。

ヨルシカは。ボカロPとして活動していたn-buna(ナブナ)が、交流のあったsuis(スイ)とともに結成したユニットだ。

9位は、全国のタワーレコードのスタッフがまだ世間で話題になる前のアーティストをスタッフの耳と直感のみで信じて選んでピックアップする“タワレコメン”に選ばれた、4人組ロックバンドteto、10位にはソウルフルな歌声と独特なグルーヴ感で圧倒的な支持を得る新進気鋭のアーティスト iri がランクイン。

iri は等身大の世界観がミレニアル世代を中心に人気を集めるほか、NIKEやChloe、Burtonなど、ファッションやブランド関係からのオファーが殺到、日本だけにとどまらず世界からも注目を浴びている。

なお、AWA公式アカウントでは本ランキングを30位まで発表したプレイリストを公開しているので、気になる方はぜひご覧いただきたい。

■AWAユーザーが選ぶ!令和でさらに活躍しそうな”ブレイクアーティストランキング
https://s.awa.fm/playlist/overlay.thumb.20190607.reiwaranking/?playtype=copy_playlist&t=1559847602

出典元:AWA株式会社

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。