人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

令和で飛躍しそうなアーティストランキング、3位「マカロニえんぴつ」、2位「あいみょん」、1位は?

2019.07.22

「平成を代表するアーティスト」といえば、安室奈美恵、Mr.Children、B'z、宇多田ヒカル、SMAPあたりの名前があがるだろう。では、「令和時代に活躍しそうなアーティスト」というと、いったい、誰が支持を集めるのだろうか?

そこで今回、サブスクリプション型(定額制)音楽ストリーミングサービス「AWA(アワ)」による、令和でさらに活躍しそうな「ブレイクアーティストランキング」を発表していく。

なお、本ランキングは、2019年5月1日(水)から5月10日(金)までに、「AWA(アワ)」のユーザーが作成した「令和時代に活躍すると思うアーティスト」をテーマにしたプレイリストへ採用された楽曲が集計されたうえで、順位付けされたものだ。

1位は、新時代を彩る鬼才集団King Gnu!

『令和にブレイクするアーティストランキング』1位に輝いたのは、King Gnu。ロック、ヒップホップ、ジャズ、ファンク、現代音楽などの要素が有機的に配合された“トーキョー・ニュー・ミクスチャー”と称される音楽スタイルを持つ彼ら。

米津玄師や、後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)、山口一郎(サカナクション)や水野良樹(いきものがかり)など、多くのアーティストから絶賛されており、メディア、音楽業界関係者など各方面からも賛辞を贈られている。

2019年2月にリリースした「白日」は、日本テレビ系ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」の主題歌で、ストリーミング・ダウンロードのランキングにて1位を獲得するなど、大ヒット&ロングヒットを記録している。

さらに日本テレビ系『バズリズム02』内の企画 “これがバズるぞ2019”で1位、TBS系『CDTV』1月度の“イチオシアーティスト”に選出されるなど、名実ともに注目を集めるバンドとなっている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。