人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

今年の夏はどこに行く?データから読み解く人気花火大会の魅力と楽しみ方

2019.07.20

いよいよ、全国各地で夏の花火大会が行われるタイミングとなってきた。この夏、みなさんは花火大会に行かれる予定はあるだろうか。花火大会関連記事を@DIME記事の中から6本を厳選して紹介。

花火

ツアーの申し込み者数が多い全国の花火大会ランキング、3位ハウステンボス、2位長岡まつり、1位は?

夏の風物詩といえば「花火」!キンキンに冷えたビールを飲みながら、夜空に放たれる花火を見ると日常の喧騒を忘られる…そんな人は多いだろう。とはいえ、この時期になると有料席の販売も開始され、特に遠方での花火大会を見に行くには予定を立て始めないといけない。

【参考】https://dime.jp/genre/743035/

重要なのは見た目じゃなくて質!プロが教える花火選びのポイント

夏のこの時期、コンビニなどに立ち寄ると様々な種類の花火がズラりと陳列されているのが目立つ。大人から子供まで楽しめる花火だが、店頭に並んでいる花火を購入するとき、何を基準に選べばよいのだろうか。そこで、玩具花火・おもちゃ・スポーツ商品を扱う総合商社であるオンダが以前、1000名に調査を行ない「花火を選ぶ時の比較」プロの目から見た「花火の選び方」を紹介している。

【参考】https://dime.jp/genre/431270/

派手な花火が好きなのは○○地方!全国の夏の花火大会打ち上げ数ランキング

圧倒的規模を誇るのは長野の「諏訪湖祭湖上花火大会」。一方、日本最古の歴史を誇るのは東京の「隅田川花火大会」だ。それにしても関西より南はほとんど大規模大会がないのが興味深い。

【参考】https://dime.jp/genre/428341/

花火写真の第一人者に聞く、花火大会で絶好の場所をとるコツ

14世紀にイタリアで始まったとされる花火。日本で花火の打ち上げが行われるようになったのは戦国時代の終わり頃で、約400年の歴史がある。当初は、将軍家や諸大名の間で鑑賞されていたのが、やがて庶民にも流行、1733.年に初の「花火大会」が開催された。これが現代の『隅田川花火大会』のルーツとなる。今や花火大会は、日本の津々浦々で開催されるようになり、世界でも類を見ない花火大国となっている。

【参考】https://dime.jp/genre/425453/

花火大好き県はどこ?都道府県別花火大会ランキング

花火大会ランキング

これからのシーズンは、秋田県大仙市大曲地区の「全国花火競技大会」、長野県諏訪市の「全国新作花火競技大会」など、職人たちが腕を競う、見ごたえのある花火大会が開催されます。

【参考】https://dime.jp/genre/408529/

夏の全国花火大会関連ツアーの人気ランキング

全国各地で開催される花火大会。その中でも特に有名な花火大会には、地元の人だけでなく、遠方からも多くの観光客が訪れる。このような花火大会においては、事前予約による有料席が設けられる場合が多く、大会によっては、5月前後から先着、もしくは抽選による申し込み受付が始まっている。

【参考】https://dime.jp/genre/399299/

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。