人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

レノボからGoogleアシスタントを搭載した10.1型と4.0型の2種類のスマートディスプレイが登場

2019.07.20

レノボ・ジャパンは、Googleアシスタント搭載スマートディスプレイ「Lenovo Smart Display M10」と「Lenovo Smart Clock」の予約販売を7月9日より開始した。出荷開始は7月19日を予定。販売価格は「Lenovo Smart Display M10」が22,800円(税別)、「Lenovo Smart Clock」が9,100円(税別)。

音声操作でインターネット検索、天気・気温の確認、音楽再生、対応スマート家電のコントロールなどが行なえるうえ、ディスプレイを活かした視覚的な情報取得やタッチ操作ができるスマートディスプレイがレノボからも登場。

「Lenovo Smart Display M10」は、10.1型IPSディスプレイを搭載した、キッチンやリビングでの利用に最適な Googleアシスタント搭載スマートディスプレイ。「Google Nest Hub」と互換のアプリケーション対応を行っているため、テレ朝newsやNIKKEIなどの国内動画ニュースコンテンツも視聴可能だ。

また、10Wの2インチフルレンジスピーカー、低音を強調するデュアルパッシブラジエーターを備え、ホームオーディオとしても十分な音質を提供。2つのマイクが、最大約8mからの音声もしっかり認識し、500万画素のカメラも搭載するので、ビデオ通話にも対応。なお、カメラにはプライバシーシャッターが備え付けられているので、物理的にレンズを遮ることも可能だ。

さらに、Googleアシスタント対応スマート家電のコントロールも可能。キッチンに設置して(オレンジページなど国内のコンテンツパートナーを含めた)レシピの検索、料理動画の視聴など、手が濡れている状態でもハンズフリーで利用することができる。

本体サイズは幅173.87×高さ311.37×奥行12.5-136.02 mm、重さは1.2 kg。

「Lenovo Smart Display M10」

「Lenovo Smart Clock」は、ベッドサイドでの利用を想定した4.0型IPSディスプレイ搭載スマートディスプレイ。インテリアに馴染むファブリック素材に、3Wのフルレンジスピーカー、デュアルパッシブラジエーターを装備する。

Google アシスタントのルーティン機能により、1つのコマンドで複数の操作が可能で、たとえば、「おはよう」の一言で、その日の天気やスケジュール、ニュースを知らせてくれる。さらに、アラーム音、時計の表示デザインは複数から選択可能で、ショックセンサーが付いているため、本体をタップしてアラームを止めるといった使い方をすることもできる。

そのほか、アラーム設定時間の30分前から徐々にディスプレイを明るくする、めざましディスプレイ機能を搭載。Googleアシスタント対応スマート家電のコントロールも行なえるほか、背面にはUSBポートを備えているので、スマートフォンの充電などにも便利に利用できる。

本体サイズは幅79.8×高さ113.88×奥行79.2mm、重さは約328g。

「Lenovo Smart Clock」


関連情報
http://www.lenovo.com/jp/ja/

構成/立原尚子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年5月15日 発売

最新号のDIMEは年間300万円節約するサブスク活用術!特別付録は「デジタルポケットスケール」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。