人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

人事担当者必読!元刑事に聞くイマドキ新卒社員を見極めるテクニック

2019.07.25

画一的に着飾る傾向があるといわれる新卒学生たち。面接に臨む人事担当者は、本当に使える人材を見抜くのに苦労しているのではないだろうか。

そこで現在は人事コンサルタントとして経営者や人事担当者向けに「刑事塾」を開講し、採用面接のウソの見抜き方を教えている元刑事の森透匡さんに、人材の見極め方や質問の仕方などを教えてもらった。

最近の新卒の傾向は?

新卒採用を攻略するには、まず直近の新卒の傾向を知ることが先決だ。森さんは次のように分析する。

「2019年度の新卒を対象としたマイナビ社の学生アンケートによれば『企業を選ぶときに注目するポイント』として『社員の人間関係が良い』が1位という結果になっています。前年の新卒は『企業経営が安定している』という企業条件面を重視していたので、今年はまず『自分が成長できる環境がある』ことを求める傾向に変わってきたと言えます。ですから採用活動を通して『社員同士がとても仲が良い』『成長できる環境にある』と思ってもらえるような採用活動を行うことが、今後の新卒採用の成功の秘訣になると思います」

優れた人材を見抜くためのテクニック

新卒の応募者の中から優れた人材を選び抜くためのテクニックにはどんなものがあるのだろうか? 森さんは次の3つを挙げる。

1.素の部分を見る仕組みを作る

「新卒学生は皆、真新しいリクルートスーツに身を包んで着飾り、体裁を整えようとするものです。だからこそ、良い人材かどうかを見抜くためには相手の素の部分を見ることが重要になります。しかし採用面接で、素の部分を見るというのは至難の業です。ですから採用活動全般を通じて新卒学生の『素の部分を見るための仕組み』を作ることです。

例えばインターン中に社員との座談会を開くとか、内定を出す前に飲み会に招待するとか、会社見学会でランチをするとか、気を許せる状況を意図的に作ることで、素の部分を確認するのです。さらに細かい点を言うと『事務連絡時の電話応対』『面接時の休憩室や喫煙所での言動・態度』などもチェックするといいでしょう」

2.面接では「非言語コミュニケーション」に最大限注目する

「我々人間は、言語と非言語を使ってコミュニケーションをとります。言語は口から発する言葉です。非言語はしぐさ、顔の表情、人間の距離など言語以外のすべてを言います。言語はご承知の通り、ウソがあるので、信用できないのです。本当の思いは非言語に現れますので、顔色のちょっとした変化や身振り手振り、足の向きなどの非言語部分にも注目して真意を探るようにしましょう。頭の先から足の先までよく観察していると『顔が一瞬赤くなった』『机の下で貧乏ゆすりをしている』など今まで感じられなかった情報が得られるはずです」

3.面接の質問は「深堀質問」が原則

「刑事は相手が発言したら『なぜ?なぜ?なぜ?と深堀質問をしろ』と教わります。問題の本質は深堀りすると見つかるというわけです。深堀りされると、相手は想定内から想定外のエリアに入りますから、新卒学生も、準備してきたセリフではなく“今ここで、自分の言葉で”答えないといけません。そこに本人の人間性や思考が表れてくるのです。ただし、やりすぎると『詰問』と言って取調べのようになってしまうので注意が必要です。何事もほどほどに聞いていきましょう」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。