人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

夏でも爽やかな印象を与えるセルフグルーミングのコツ

2019.07.19

【男前プロジェクト2019】本格的な夏を前にセルフグルーミングで〝爽やか肌〟を手に入れた男

企業の第一線で活躍するビジネスマンが、様々な身だしなみケアアイテム体験を通じて、自分の内面を見つめ直す姿を追う「男前プロジェクト」。今回も彼らの等身大の姿をお伝えしていきたい。

さて7月に入り、いわゆる〝梅雨寒〟な日が続いているが、気象庁の1か月予報によれば、これはオホーツク海高気圧の影響によるものだという。とはいえ同庁によれば、7月下旬から8月にかけて太平洋高気圧が発達。平均気温も平年並みになるという予測が出ている。

気温差の影響による体調管理には十分注意したいところだ。

パナソニックボディトリマー3枚刃ラムダッシュマユ&フェイスシェーバー

また気温が上昇すればオフィスでは半袖などクールビズが本格化。オフタイムではハーフパンツの着用など、肌の露出も増えてくる。そこで気になってくるのが、やはりムダ毛だ。

最近の調査(※)によれば、「スネ毛や太ももの脱毛はどう思いますか?」という質問に対して、73%の女性が「あり」と回答。なかには「キレイすぎても女性っぽい」との意見もあったが、大勢は「夏場の半ズボンを履く時はむしろ全員脱毛してほしい」ということらしい。
※美容皮膚科・美容外科『表参道スキンクリニック』調べ。対象者/全国の10代~30代女性120名 対象期間2019年5月24日~5月31日の7日間(インターネット調査)

そこで今回の「男前プロジェクト」では、1台で全身グルーミングに対応した「ボディトリマー ER-GK80」を中心に、肌に優しいお風呂剃りが可能な3枚刃リニアシェーバー「ラムダッシュ ES-ST8R」、さらにマユと顔のウブ毛がケアできる「マユ&フェイスシェーバー ER-GM30」という、パナソニックのメンズグルーミング系家電をフィーチャー。

レストラン経営を中心とした飲食事業を展開する株式会社KICHIRIに勤務する石川俊樹さんに体験していただくことにした。

また取材当日は石川さんの同僚の女性社員の方にも参加していただき、「男性の身だしなみ」に関するお話もうかがった。

パナソニックボディトリマー3枚刃ラムダッシュマユ&フェイスシェーバー

写真左から清水 瞳さん、石川俊樹さん、小笠原瑞絵さん

最初に石川さんの日々の業務についてお聞きした。

石川 営業統括本部に勤務しており、統括店長として現在6店舗を管理しています。各店舗にはそれぞれ店長がいますが、彼らをサポートしながら販売戦略や営業展開をプランニングしていくことが主な業務になります。

社業がレストラン、飲食業だけに清潔感は最重要ポイントです。

石川 サービス業に従事する者として、身だしなみは絶対に整えなければいけないものだと自覚しています。入社して5年になりますが、出勤前はもちろん、オフィスでも身だしなみチェックを欠かした日はありません。

今日は体験取材のため、特別にヒゲを伸ばしていただきました。

石川 ヒゲは濃いほうだと思います。放置しておくと頬まで生えちゃいますから(笑)。シェービングは朝、シャワーを浴びた後に電気シェーバーを使っています。高校時代に父親の電気シェーバーを借りて以来、電気シェーバー派です。

ヒゲ以外にマユやムダ毛のケアは行なっていますか?

石川 1日1回、鏡と向き合う時間を作っているので、そこでセルフチェックを行なっています。手入れに関しては、専らピンセットで抜いてます。

スネ毛は、実はヒゲ並みに濃くて。高校生ぐらいまでは気になっていましたが、社会人になってからはスーツスタイルが多くなり、脚の露出が減ったためか、あまり意識しなくなりました。ですから先ほどの調査結果を聞いて、これはマズいぞ、と。

パナソニックボディトリマー3枚刃ラムダッシュマユ&フェイスシェーバー
株式会社 KICHIRI 営業統括本部 統括店長 石川俊樹(いしかわ としき)さん(29歳)
株式会社 KICHIRIは飲食事業として「KICHIRI 新日本様式」「いしがまやハンバーグ」「とん久」などを展開。イタリアのファッションブランド「Orobianco」の世界観を表現したレストラン「Orobianco」、「はかた地どり」のアンテナショップ「はかた地どり 福栄組合」のプロデュースも手掛ける。東証一部上場。
石川さんの直近の業務としては、8月上旬に東京・町田市にオープン予定のKICHIRI misceoも統轄店長として立ち上げを担当。

http://www.kichiri.co.jp

そんな石川さんに対して同僚の女性社員は、日頃どんな印象を抱いているだろうか。

最初に女性目線による男性の身だしなみについて聞いてみた。

 

パナソニックボディトリマー3枚刃ラムダッシュマユ&フェイスシェーバー

清水 男性の身だしなみで気になるのは、今の時期ではニオイですね。朝の通勤電車で汗に加えてタバコやコーヒーが混ざったようなニオイの方がいると、本気で車両を変えたくなります。

小笠原 汗などのニオイに加え、個人的には爪など指先が気になります。いや、石川さんはキレイですよ(笑)。爪はまっすぐ切ればいいのに意外にガタガタの人もいて。なぜそうなってしまうのでしょうか(笑)。

剃り残しなども気になる?

清水 最近、ヒゲを生やしている方を見かける機会が増えましたが、キレイに整っていれば好印象。逆に頬や喉元に1本でも剃り残しがあったりすると、シェービングだけでなく、仕事もいい加減なのかな、と思ってしまいます。

小笠原 ヒゲの剃り残しは、特にチェックしているわけではありませんが、自然と目に入ってきます。電車内の女性は、体格的に男性を見上げることが多いからでしょうね。どんなにスーツをきちんと着こなしていても、剃り残しのヒゲ1本で残念な気持ちになります。

清水 もったいないですよね。

小笠原 心の中では「次の機会に期待しています」とお伝えしています。

では、好印象を与える男性の身だしなみポイントとは?

清水 ほのかにフレグランスや柔軟剤の香りなどを漂わせる男性は、清潔感があって好印象ですね。一方、ビジネスでは私たちの会社は飲食系なのでフレグランスはNG。だからこそ無臭であることの重要さも認識しています。ですから、この時期は汗に加え、カビ臭、洗濯物の生乾き臭などのニオイがないことも好印象に繋がります。

小笠原 私はヒゲですね。男性は女性のようなメークの習慣がないので、ヒゲで印象がかなり変わるはず。剃る、伸ばすに関わらず、きちんと手入れしている方は、自分の見せ方をご存知なのかな、と思います。

以上のようなポイントをふまえ、普段の石川さんの印象を聞いてみた

清水 細身の体型を活かしたスーツの着こなしが上手だな、という印象です。少し遊び心を加えたコーディネートに加え、髪もしっかりセットされていますし、ウチのイケてる社員ですよ。

小笠原 石川さんに驚かされるのは、夜遅い日や睡眠時間が短い朝もあるはずなのに、髪がボサボサだったり、ヒゲの剃り残しなどが一切ないこと。これは意外に難しいことだと思います。

石川 これはうれしい言葉ですね。できれば普段から言ってください(笑)。

そう話す石川さんだが、身だしなみに関する悩みも少なからずあるという。

石川 最近、ヒゲが濃く太くなってきたような(笑)。また先ほどの調査のように、スネ毛も女性からはチェックされているようなので気になります。

マユや指毛などは気になれば抜いているのですが、抜くのはあまりよくない、と聞いたこともあるので、今回の体験でしっかりケアできれば、と思います。

というわけで、ここからは今回体験していただくパナソニックの3枚刃リニアシェーバー「ラムダッシュ ES-ST8R」と「ボディトリマー ER-GK80」、「マユ&フェイスシェーバー ER-GM30」の機能や特徴についてまとめておきたい。

パナソニック
3枚刃リニアシェーバー「ラムダッシュ ES-ST8R
パナソニックボディトリマー3枚刃ラムダッシュマユ&フェイスシェーバー
本体サイズ/高さ165×幅65×奥行き55mm、約155 g(シェーバーホルダー除く)
外刃/ステンレス刃物鋼3枚刃
内刃/30 °鋭角ナノエッジ内刃
主な機能/泡メイキングモード、スムースローラー、ヒゲセンサー
電源/充電式 急速1時間充電
オープン価格
https://panasonic.jp/shaver/lamdash_wet/es_st8r.html

ES-ST8Rの特徴は、モーターに負荷のかかる泡・ジェルを使ったお風呂剃りでもパワーが持続するリニアモーターを搭載したシェーバーであること。

パナソニックボディトリマー3枚刃ラムダッシュマユ&フェイスシェーバー

リニアモーターは従来の回転式モーターとは異なり、上のグラフが示すように、充電から日にちが経過してもパワーが持続。同社では、フル充電で約14日間の使用が可能だと説明している(1日1回約3分間使用した場合)。

パナソニックボディトリマー3枚刃ラムダッシュマユ&フェイスシェーバー

そんなリニアモーターが駆動するのは、刃先角30度を実現した、30°鋭角ナノエッジ内刃。ナノレベルで鍛え、磨き上げられた刃で太く、硬いヒゲも気持よくカットしていく。

パナソニックボディトリマー3枚刃ラムダッシュマユ&フェイスシェーバー

また、従来機能のひとつであるヒゲセンサーが、今回のES-ST8Rから進化を遂げた。このヒゲセンサーとは、ヒゲの濃淡をシェーバーが自動的に検知。濃いところではパワフルに、薄いところではパワーをセーブするという、肌にやさしいシェービングを実現するための機能のひとつ。

そのヒゲの濃淡を検知する能力が従来モデルより約1.8倍スピードアップ。より肌に余分な負担をかけずに、ヒゲを剃ることができるようになった。

パナソニックボディトリマー3枚刃ラムダッシュマユ&フェイスシェーバー

洗顔料やボディソープなどを使い、肌にやさしくシェービングしやすい泡が手軽に作れる「泡メイキングモード」も引き続き搭載されている(※)。
シェービングから洗顔への流れがスムースになり、出勤前の時短も期待できる機能だ。
※シェービング剤(フォーム除く)、スクラブ入りの洗顔剤、せっけんは、刃の目詰まりの原因になったり、泡が立たないので、使用しないでください。

パナソニックボディトリマー3枚刃ラムダッシュマユ&フェイスシェーバー
スムースローラー

パナソニックボディトリマー3枚刃ラムダッシュマユ&フェイスシェーバー
ヒゲ起こしフィン

このほかにも、ヘッド部には肌への摩擦を減らして、スムーズな剃り心地が得られるスムースローラーや、ノド元やアゴ下などの〝寝たヒゲ〟を根元から立たせて、剃りやすい状態にするヒゲ起こしフィンもチェックしておきたい機能だ。

パナソニック
ボディトリマー ER-GK80
パナソニックボディトリマー3枚刃ラムダッシュマユ&フェイスシェーバー
本体サイズ(アタッチメント含まず)/高さ204×幅33×奥行き47mm、約150g
充電時間/約1時間(室温0~35度)
使用可能時間/連続約50分間使用可能
アタッチメント/ダイヤル式長さそろえアタッチメント(3~12mm<1mm刻み>)、肌ガードアタッチメント(2mm)
その他/防水設計、水洗い可、海外使用可
オープン価格
https://panasonic.jp/mens/body/er-gk80.html

これ1台で全身のムダ毛ケアができる、剃りやすさ、使いやすさを追求したボディトリマーだ。

パナソニックボディトリマー3枚刃ラムダッシュマユ&フェイスシェーバー

左:肌ガードアタッチメント、右:ダイヤル式長さそろえアタッチメント

本体には上の写真にある肌ガードアタッチメントとダイヤル式長さそろえアタッチメントの2タイプのアタッチメントが付属。

まず、ダイヤル式長さそろえアタッチメントは、刈り高さを3~12mmまで1mm刻みの10段階で設定できるアタッチメント。刈り高さに応じてアタッチメントを付け替える必要がなく、機能性が大幅に向上した。

肌ガードアタッチメントはデリケートゾーンなど、肌のやわらかいエリアでも繊細なケアが可能なアタッチメント。刈り高さは約2mmに整えられる。

パナソニックボディトリマー3枚刃ラムダッシュマユ&フェイスシェーバー

では実際にアタッチメントを操作してみよう。上の写真は3mmにセットした様子。ほぼコームが刃の位置まで下がっていることがわかる、

パナソニックボディトリマー3枚刃ラムダッシュマユ&フェイスシェーバー

続いて12mmにセットしてみた。コームが前(上)に出てきたことがわかる。ムダ毛に限らず、一般的にマユや髪をセルフグルーミングで整えようとした場合、最も問題になるのが長さの設定だろう。一度カットしてしまえば、その場では元に戻すことはできないからだ。

これに対してダイヤル式長さそろえアタッチメントは、3~12mmまで手軽に1mm単位で長さの設定が可能。セルフグルーミングをより身近なものにした、と言える。

パナソニックボディトリマー3枚刃ラムダッシュマユ&フェイスシェーバー

電源に関しては充電式のニッケル水素電池(1100mAh)を搭載。フル充電時で連続約50分間の使用が可能だ。充電完了は本体ランプで表示。海外・国内兼用のAC100V~240V自動電圧切替機能も搭載している。

パナソニック
『マユ & フェイスシェーバー ER-GM30』
パナソニックボディトリマー3枚刃ラムダッシュマユ&フェイスシェーバー
オープン価格
本体外形寸法/高さ140×幅16×奥行き14mm、20g(乾電池・マユコーム・ウブ毛用刃含まず)
電源方式/乾電池式(単4形アルカリ乾電池)
https://panasonic.jp/mens/face/er-gm30.html

マユだけでなく、気になる顔のウブ毛のケアにも対応したマユ&フェイスシェーバー。高さ14.0cmのスリムな本体に加えて、乾電池式(単4形アルカリ乾電池)と、出張などにも手軽に連れて行ける。

パナソニックボディトリマー3枚刃ラムダッシュマユ&フェイスシェーバー
写真手前がウブ毛用刃、奥右がマユコームB(約4mm・約2mm用)、左がマユコームA(約8mm・約6mm用)。

先ほども触れたように、セルグルーミングで関門となるのが長さ調整。特にマユの場合は左右のバランスが取れずに、右をカットして、続いて左も、と負のスパイラルに陥りがち…。
しかしマユ & フェイスシェーバー であれば、コームをセットすると、それ以上の長さにはカットされないので安心。しかも2つのコームで計4種の長さを選択できる。

というわけで石川さんには「ラムダッシュ ES-ST8R」から体験してもらった。

パナソニックボディトリマー3枚刃ラムダッシュマユ&フェイスシェーバー

ヒゲは濃い目。併せてアゴ先や鼻下など、長さや濃淡が不揃いで無精感は否めない(ちなみにご本人の名誉のために申し添えておくと、このヒゲは今回の撮影のために伸ばしていただいたもの)。

パナソニックボディトリマー3枚刃ラムダッシュマユ&フェイスシェーバー

パナソニックボディトリマー3枚刃ラムダッシュマユ&フェイスシェーバー

ES-ST8Rの独自機能のひとつである泡メイキングモードで作った泡を使いシェービングを開始。普段から電気シェーバーを使っているだけに、軽快なペースで剃り進んでいく。

石川 いつもはドライシェービングなので、実は今回が泡を使ったシェービングはほぼ初体験! でも、使ってみるとその滑らかな動きに驚かされました。ヘッドにヒゲが引っかかることもなく、剃りにくいアゴ下やノド元も気持ちよく剃ることができました。

パナソニックボディトリマー3枚刃ラムダッシュマユ&フェイスシェーバー

続いてはマユ & フェイスシェーバーだ。まずコームを装着しない直刃で、ラインからはみ出した毛をカットしていく。その際、刃はマユ尻(外側)からマユ頭(内側)に向かって動かす。

パナソニックボディトリマー3枚刃ラムダッシュマユ&フェイスシェーバー

そしてマユコームAを装着して長さは6mmを選択。長さを揃えていく。マユは長さを揃えるだけでもボサボサ感が解消され、印象が一変するので、ぜひチャレンジしていただきたい。長さ揃えも、ライン揃えと同じくヘッドはマユ尻からマユ頭に向かって動かす。

パナソニックボディトリマー3枚刃ラムダッシュマユ&フェイスシェーバー

マユ & フェイスシェーバーに付属するウブ毛用刃を使い、ウブ毛のシェービングにもチャレンジ。ウブ毛はヒゲと違い、それ自体は目立つものではないが、光を反射して肌色をくすませる場合もあるので、しっかりケアしておきたい。

パナソニックボディトリマー3枚刃ラムダッシュマユ&フェイスシェーバー

体験を終えた石川さん。無精感を醸し出していたヒゲが一層され、マユの長さも整えられたことで、好感度は格段にアップ。ウブ毛ケアも行なったことで、肌色も明るくなったようだ。

 

パナソニックボディトリマー3枚刃ラムダッシュマユ&フェイスシェーバー

大トリはボディトリマーの登場だ。上の写真はケア前の石川さんの脚の様子。ヒゲと同じく、なかなかの生えっぷりだ。

パナソニックボディトリマー3枚刃ラムダッシュマユ&フェイスシェーバー

ダイヤル式長さそろえアタッチメントは6mmにセットした。

パナソニックボディトリマー3枚刃ラムダッシュマユ&フェイスシェーバー

このアタッチメントは、コーム部の平らな面が肌と直角になるようにあてるのがポイント。本体は毛の生えている向きに逆らって動かしていく。

パナソニックボディトリマー3枚刃ラムダッシュマユ&フェイスシェーバー

写真向かって左(本人・右脚)のみ除毛した様子。その違いは歴然だ。奔放に生えていたスネ毛だが、長さを整えるだけでマユ毛同様に印象が激変することがわかる。

パナソニックボディトリマー3枚刃ラムダッシュマユ&フェイスシェーバー

さらに3mmにセットしてケアしたのが上の写真。ツルツルではなく、適度に毛が残された自然な仕上がり感となった。未処理の本人・左脚を一刻も早くケアしたくなってしまう?!

パナソニックボディトリマー3枚刃ラムダッシュマユ&フェイスシェーバー

腕は肌ガードアタッチメントを使ってケアしてみた。このアタッチメントはヘッドを寝かせた、いわゆる〝なで剃り〟が可能。面を軽く肌にあて、毛の流れにさからうように、ゆっくり動かしていく。刈り高さは2mmだ。

パナソニックボディトリマー3枚刃ラムダッシュマユ&フェイスシェーバー

仕上がりはご覧のとおり。本格的なクールビズシーズンを迎え、半袖スタイルも奥なるだけに、腕毛もしっかりとケアしておきたい。

パナソニックボディトリマー3枚刃ラムダッシュマユ&フェイスシェーバー

体験を終えた石川さん。初体験となった泡を使ったシェービングは、ヘッドの動きが予想以上に滑らかだった、と話す。

石川 ラムダッシュは、そんな滑らか剃り味に加えて、お風呂でも使える防水設計がいいですね。朝シャワーを浴びながら、シェービングからの流れで洗顔へと移行できるからです。

ボディトリマーは「楽しかった」というのが素直な感想です(笑)。少し刈り込んだだけでも、清潔感がまったく違ってくるのは驚きに近い発見でした。

マユははみ出た毛をカットしてラインを整えることで、はっきりとエッジ感を出せたと思います。また長さを揃えることで、濃淡のバラつきも解消できました。

今後も、この状態をしっかりキープしていきたいと思います。

撮影/末安善之

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。