人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「快眠→疲労回復→生産性向上」の好循環を生む寝室の作り方

2019.07.22

快眠の小技は世の中にあふれているが、寝室にこだわるアプローチ法もある。健康住宅を手がける早稲田ハウスには、寝室そのものを改善してビジネスパーソンの生産性向上を実現した実例があるという。その快眠できる寝室の作り方とは? 社長の金光容徳さんに聞いた。

寝室改善で生産性が上がった実例

早稲田ハウスは健康によい住宅づくりの中、快眠にこだわる寝室「究極の寝室」を作った。この究極の寝室で寝たビジネスパーソンは、快眠の末に生産性が上がったこんな実例があるという。

●仕事

・日中の眠気が無くなったおかげで仕事がはかどっている。
・運転中、良いタイミングでブレーキが踏める。
・おつりの計算が瞬時に正確にできる。

●健康

花粉症の症状、鼻炎、偏頭痛、肌のかゆみ、ぜんそく、アトピーなどが改善され、仕事に集中できるようになった。

●時間の有効活用

帰宅した後も眠くならないので、時間が有効に使えるようになった。

「快眠できるようになったことにより、頭も体も完全にリフレッシュでき、日中のパフォーマンスを上げることができます。また仕事への集中を妨げる症状が改善した事例も多くあります。仕事の生産性アップのためには、睡眠の質を上げ、毎日適切に疲労回復していくことが必要です。寝室環境にこだわることで、それを実現可能にします」(金光社長)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。