人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

近くに熱中症の疑いがある人がいたらどうする?覚えておきたい熱中症の応急処置と心配蘇生の基本

2019.07.27

夏は、熱中症や水難事故などのリスクがある。もし熱中症が疑われる状態や心停止状態に遭遇した際には、どのように対処すべきか、そして救急隊が駆け付けるまでの時間、どうすればいいか。もちろん、基本を知るだけでは万全な対策とは言い切れないが、どのようなことが必要なのか把握しておくことは有用といえる。

「あの人は熱中症かもしれない」と思ったらどうする?

熱中症が疑われたとき、また、そのような人を見たときには何をすべきか。

環境省の「熱中症予防情報サイト」では、熱中症の対処方法(応急処置)がチャート式で詳しく解説されている。まずはこれを押さえておこう。

チェック1:熱中症を疑う症状がありますか?

めまい・湿疹・筋肉痛・筋肉の硬直・大量の発汗・頭痛・不快感・吐き気・嘔吐・倦怠感・虚脱感・意識障害・けいれん・手足の運動障害・高体温

これに該当すれば、次のチェックへ進む。

チェック2:呼びかけに応えますか?

もし呼びかけに応えないなら救急車を呼び、応えるなら、涼しい場所へ避難し、服をゆるめて身体を冷やす。

チェック3:水分を自力で摂取できますか?

もし自力で摂取できないなら医療機関へ連れていき、摂取できるなら水分・塩分を補給する。

チェック4:症状がよくなりましたか?

ここまでの対処を行っても症状がよくならないなら、医療機関へ。
よくなったら、そのまま安静にして十分に急速をとり、回復したら帰宅。

出典:環境省 熱中症予防情報サイト「熱中症の対処方法(応急処置)」

また日本赤十字社の公式サイトでは、熱中症の手当として次の内容が書かれている。

・できるだけ早く風通しのよい日陰や、冷房が効いている室内などに避難させます。

・原則として水平にしますが、本人が楽な体位にします。

・厚い衣服は脱がせて、体から熱の放散を助けます。

・意識があり、吐き気や嘔吐などがなければ、水分補給をさせます。経口補水液、スポーツ飲料か、薄い食塩水などを飲ませます。

・胸や腹の体の表面に水をかけて、うちわや扇風機などで扇ぐことにより体を冷やします。氷嚢などがあれば、それを頚部、腋窩部(わきの下)、鼠径部(大腿の付け根、股関節部)に当てて皮膚の直下を流れている血液を冷やすことも有効です。また、体温の冷却はできるだけ早く行う必要があり、重症者を救命できるかどうかは、いかに早く体温を下げることができるかにかかっています。

・水分が補給できない、症状に改善が見られない、様子がおかしい、全身の痙攣があるなど、手当の判断に迷う場合は、直ちに119番通報します。

・119番通報後も、救急隊の到着前から冷却を開始することが求められます。

・反応(意識)がなく、普段どおりの呼吸がない場合は、一次救命処置の手順により手当を行います。

出典:日本赤十字社「熱中症の症状」

一次救命処置は、胸骨圧迫と人工呼吸からなる心肺蘇生法やAEDの使用などが主となる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。