人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

湿度対策や衣類の乾燥にも使える!あると便利な除湿機のおすすめ12選

2019.07.18

湿度の調整に欠かせない除湿機。夏場の湿度調整だけでなく、洗濯物の乾燥にも活用できるモデルも増えている。

本記事では、電気代が安い省エネタイプのもの・夏冬問わず使えるもの・音が静かなもの・一人暮らし向けのコンパクトなもの、それぞれのおすすめ除湿機を紹介する。用途・使用する場所をイメージしておくと、最適な1台を見つけやすいだろう。

【目次】

電気代が安い 省エネタイプのおすすめ除湿機

夏冬問わずオールシーズン使える除湿機

音が静かな除湿機

一人暮らし向けのコンパクト除湿機

電気代が安い 省エネタイプのおすすめ除湿機

はじめに、電気代が安い省エネタイプの除湿機を紹介する。省エネ性能だけでなく「用途にあった設定ができるか」にも注目してみよう。

三菱電機 MJ-PV240PX

三菱電機 MJ-PV240PX

三菱電機のMJ-PV240PXは、ハイパワーかつ省エネタイプの除湿機。従来品に比べ、熱交換面積をおよそ1.8倍にしたことで、1日24Lほどの除湿能力を実現した。

湿度に応じて自動的にパワーを調節する「自動最適運転機能」も搭載。「銀イオン抗アレルフィルター」「プラチナ抗菌フィルター」のダブルフィルターで清潔な風を送ってくれる。

出典 公式サイト|三菱電機 MJ-PV240PX

 

アマゾンでの購入はこちらから

コロナ CD-H1819

コロナ CD-H1819

コロナのCD-H1819は、4つの衣類乾燥モードが搭載された除湿機。標準モード・ecoモード・夜干しモード・厚物モードから最適なものを選択できる。ecoモードでは、電気代を同社比で40%ほどに抑えることが可能。ウイルス抑制・除菌・脱臭交換のあるフィルターは、10年間交換の必要がない。

出典 公式サイト|コロナ CD-H1819

 

アマゾンでの購入はこちらから

アイリスオーヤマ IJC-H65

アイリスオーヤマ IJC-H65

アイリスオーヤマのIJC-H65は、衣類乾燥向けの省エネ除湿機。消費電力は162Wほどで、光熱費をぐっと抑えることができる。

除湿機の強力な乾燥風を洗濯物に当てて湿気を飛ばすため、自然乾燥に比べ、乾燥時間をおよそ70%短縮可能。衣類乾燥・自動・標準・弱の4段階の除湿モードを搭載し、用途に合わせた使い方ができる。

出典 公式サイト|アイリスオーヤマ IJC-H65

 

アマゾンでの購入はこちらから

夏冬問わずオールシーズン使える除湿機

ここでは、夏冬問わず使える除湿機を紹介する。除湿機能に加えて、空気清浄機能や加湿機能を備えた製品も少なくない。1年中使える除湿機を探している方は、ここで紹介するモデルの機能を比較してみよう。

パナソニック F-YHRX200

パナソニック F-YHRX200

パナソニックのF-YHRX200は、衣類の部屋干しに適したハイブリッド式除湿機。パナソニックのセンサー技術で、衣類量と乾き具合を予測し、乾燥完了時に自動で停止してくれる優れものだ。

幅およそ165㎝まで送風できる「ワイド送風機能」では、衣類を幅広く干しても、一気に乾燥させることが可能。「ナノイーX」搭載で、部屋干し臭を抑制してくれる。

出典 公式サイト|パナソニック F-YHRX200

 

アマゾンでの購入はこちらから

アイリスオーヤマ DCE-120-2

アイリスオーヤマ DCE-120-2

アイリスオーヤマのDCE-120-2は、空気清浄機能を搭載しオールシーズン活躍する除湿機。除湿が不要な時は、空気清浄機能だけを稼働させることができる。

「HEPAフィルター」により、花粉やダニのフンなどのアレルゲン物質を99.97%以上除去してくれるのも魅力。1時間単位、12時間まで設定可能な切タイマー機能付きで、就寝時に止め忘れる心配もない。

出典 公式サイト|アイリスオーヤマ DCE-120-2

 

アマゾンでの購入はこちらから

ダイキン MCZ70U-W

ダイキン MCZ70U-W

ダイキンのMCZ70U-Wは、1年中湿度をコントロールできる多機能除湿機。除湿・加湿・空気清浄の3機能を搭載した高性能モデルで、空気環境のコントロールをこの1台に任せられる。

「全自動しつどコントロール」機能により、部屋の温度に合わせた目標湿度を自動的に維持してくれるのもポイント。さらに、タバコ・ペット・カビなどの嫌なニオイをフィルターに吸着させ、ストリーマで分解してくれる。

出典 公式サイト|ダイキン MCZ70U-W

 

アマゾンでの購入はこちらから

音が静かな除湿機

ここでは、音が静かな除湿機を紹介する。静音タイプのものを選べば、夜間に使用することが多い方でも音を気にせず使用できる。除湿の効率性やタイマー機能などにも注目して、各製品を比較してみよう。

デロンギ タシューゴ アリアドライ マルチ DEX16FJ

デロンギ タシューゴ アリアドライ マルチ DEX16FJ

デロンギのタシューゴ アリアドライ マルチ DEX16FJは、コンパクトでありながらパワフルな除湿機。本体はおよそA4サイズのコンパクトさで置き場所に困らない。

最大7.2L/日の除湿性能を持ち、コンクリート住宅であればおよそ18畳まで対応。運転音を39dBまで低減させた静音モデルで、眠りを妨げない。衣類の夜干しが多い方におすすめ。

出典 公式サイト|デロンギ タシューゴ アリアドライ マルチ DEX16FJ

 

アマゾンでの購入はこちらから

日立 HJS-D562

日立 HJS-D562

日立のHJS-D562は、軽量でコンパクトな除湿機。冷却機を使わない「デシカント方式」で、稼動時の振動が少ないのが特徴だ。さらに、静音モードを選択すれば、わずか33dBの静音で稼働させることもできる。集中的に風を送る「スポット送風」や「オートルーバー機能」で、効率的に衣類の乾燥ができるのもポイント。

出典 公式サイト|日立 HJS-D562

 

アマゾンでの購入はこちらから

ロウヤ boltz

ロウヤ boltz

ロウヤのboltzは、スタイリッシュなデザインと静音性が特徴の除湿機。白を基調とした装飾の少ないシンプルなデザインで、周囲のインテリアにも馴染みやすい。

静音設計で、およそ42dB(図書館並み)の静かさを実現。「除湿機の音が気になって眠れない」という方におすすめ。10時間の経過で自動的に電源が切れる「オートオフ機能」が搭載されているため、消し忘れの心配もない。

出典 公式サイト|ロウヤ boltz

 

アマゾンでの購入はこちらから

一人暮らし向けのコンパクト除湿機

最後に、一人暮らし向けのコンパクトな除湿機を紹介する。排水機能の優れたものを選べば、頻繁に水を捨てる手間も省ける。設置する場所に適したサイズを選ぶのもポイントだ。

シャープ CV-J71W

シャープ CV-J71W

シャープのCV-J71Wは、プラズマクラスター機能を搭載した除湿機。同機能により、部屋干し時の嫌なニオイを抑制してくれる。設置面積はA4サイズほどとコンパクトで、狭い場所でも設置しやすい。

本体裏側の排水穴にホースを繋げば、連続排水が可能。タンクに溜まった水を捨てる手間が省け、外出時の長時間運転にも対応できる。

出典 公式サイト|シャープ CV-J71W

 

アマゾンでの購入はこちらから

アイリスオーヤマ DDB-20

アイリスオーヤマ DDB-20

アイリスオーヤマのDDB-20は、軽量タイプの除湿機。本体重量は3.9㎏と軽量で、本体上部にハンドルが付いているため持ち運びもしやすい。

吸い込んだ空気中の水分を、ヒーターで熱してから冷やし水滴にする、デシカント式を採用している。オールシーズン活躍する1台。

出典 公式サイト|アイリスオーヤマ DDB-20

 

アマゾンでの購入はこちらから

センタック QS-101

アイリスオーヤマのDDB-20は、軽量タイプの除湿機。本体重量は3.9㎏と軽量で、本体上部にハンドルが付いているため、持ち運びもしやすい。

吸い込んだ空気中の水分を、ヒーターで熱してから冷やし、水滴にするデシカント式を採用している。オールシーズン活躍する1台。

センタックのQS-101は、狭いスペースで活躍する小型除湿機。「ペルチェ素子」という電子冷却素子を利用して、内部冷却器で空気中の水分を結露させる。コンプレッサー式と比べ、音や振動が小さいのが特徴だ。

サイズは幅15.8cm/奥行14.4cm/高さ31.8cm、重量は1.4kgほど。クローゼットや押入れ内での使用にもおすすめ。

出典 公式サイト|センタック QS-101

 

アマゾンでの購入はこちらから

 

※当記事に掲載している価格等の商品情報は、記事公開時のものとなります。

 

文/久我裕紀

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。