人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スタッフは全員忍者!浅草に突如出現した「NINJA Café & Bar」が面白すぎる

2019.07.20

忍者体験ができるコースも充実

メニューには、「HANZOU」、「SASUKE」といった4種のコースもあり、コースによっては「コスチューム」や「トレーニング」が含まれている。

「コスチューム」とは、忍者装束のレンタルのこと。サイズは2歳児程度の子ども用から用意されており、模造刀を携えてしばらくの間外出することもできる。雷門界隈を闊歩すれば、皆から注目され、まるでスターのような気分まで味わえてしまう。

「トレーニング」とは、奥にあるネットで仕切られたスペースで行う、忍者の基礎訓練を指す。ここで、藁で編まれた的をめがけ手裏剣を投げ、吹き矢を吹くという趣向。また模造刀を使った刀の居合いなども体験できる。矢野さんを含め、「スタッフは全員、伊賀市まで行き忍者修行を受けた」とのことで、まずスタッフから手ほどきを受ける。

手裏剣や吹き矢が楽しめるトレーニングスペース

手裏剣だけでなく、戦国時代は要人暗殺に使われた(?)吹き矢も体験

トレーニングの後は、スタッフとの手裏剣、吹き矢を使った忍者ダーツ対戦がある。歴戦のスタッフに勝つのは至難の業だが、もし勝つと戦利品として豪華なおみやげをもらえる。

アイデアが活きる料理の数々

料理についても、手裏剣をモチーフにするなど、アイデアが入魂されていて死角なし。ちなみに、フルコースの「SAKURA」(8000円)には、心を清める茶道体験も含まれている。

黒と黄色のコントラストが映える手裏剣型の「NINJA CURRY & RICE」

火遁の術をイメージした「FIRE PUDDING」

京都のお茶家系出身の矢野さんから、茶道の指導も受けられる

そして、トイレは一面が金色。矢野さんは、「外国人観光客の目線では、忍者も侍も殿様もあまり区別されていないのです。そこで、お殿様の御不浄からイメージされる金色で固めました」と説明する。

外国人観光客に評判が良い金色のトイレ空間

矢野さんは、「当初は外国人観光客がほとんどだろうと想定していたら、日本人も結構来ています。国籍問わず、ミニ・アミューズメント施設として楽しんでもらえれば」と話す。店のオープン前から主催していて累計参加者数が1万人を突破した「NINJA TOUR」(要予約、2名~)も、本格的な忍者体験企画として続行するとのことで、浅草観光のおりには、店・ツアーともに楽しまれてはいかがだろう。

・公式サイト:https://www.ninja-cafe.com
・運営会社サイト:https://www.holiday-jack.co.jp

文/鈴木拓也(フリーライター兼ボードゲーム制作者)

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年5月15日 発売

最新号のDIMEは年間300万円節約するサブスク活用術!特別付録は「デジタルポケットスケール」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。