人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

モツ煮が食べ放題だけどちょっと残念な川崎の呑み屋「Y」

2019.07.17

■連載/カーツさとうの週刊★秘境酒場開拓団

(写真はイメージです。本文とは関係ありません)

オヤジナリティー ★★
家計貢献度    ★★
エロテイスト   

 前略読者様。ショーケンこと萩原健一さんのことを、最初にちょっと書かせていただきたく。

 あいやぁ〜亡くなって5ヶ月近く。やっと冷静になって書ける気になってきたワケで。

 すいません、倉本聰先生的ショーケンセリフは上の2行でもう辞めます。

 多分、オレと同世代の男はみんなそうだと思うんだけど、『傷だらけの天使』のオサムに“カッコいいってこれか!”と、子供ながらに衝撃を受け、続いて思春期の真っ只中で見た『前略おふくろ様』のサブには“もっとカッコいいって、こっちだったか!!”と更なる影響を受けた。

 影響というか、なんでしょうかね。ある意味宗教みたいに好きだった。

 二十歳の頃聞いた『D'elanger』ってアルバムは、もっと突き抜けてカッコよく、その中の歌をスナックで歌うのが、今でもオレは大好きなんですよ。

 そんなショーケンの歌ってカラオケに一杯あるワケじゃないのに、なぜか『D'elanger』の『ハロー・マイ・ジェラシー』と『メリーゴーランド』はダムにもあるんですよ。ジョイサウンドだともっとあるけどね。

 スナックでショーケンを歌うのは、きっとショーケン的カッコ良さとは違うんだろうけど、それでもやっぱり自己満足的に気持ちいいんですよね。もう還暦が目の前にブラ下がってる世代としちゃあ。

 間奏にサキイカなんかつまんじゃったりしてさ。

 なにしろスナックは一人でもユックリできるのがいい。立ち呑みも一人で呑むにはいいけれど、あまり長居はできないからね。

 なんて前フリがありまして、こっから本題!

 一人で呑むには、もう最低の店にこの前入っちゃった。

 川崎に、モツ煮が食べ放題っていう店があるって噂を聞いたんで、一人行ってみた。大きな商業ビルの中の大店という、普段だったら入らないような店だったけど、モツ煮マニアとして、食べ放題という誘惑には勝てなかったんですよね。

 『Y(仮名)』というその店の入口で、若い女性店員に一人だと告げと、その店員、なんて言ったと思う?

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。