人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

軽量モデルだからこその軽快感が堪能できるKTMの125ccモデル「125 DUKE」

2019.07.22

 走らせていて、無条件に楽しいと思える。シンプルに気分が乗ってくる。難しい考えや面倒なアレコレが頭の中からどんどん消えて行って、ただただシールドの中で「楽しいよな〜バイクって。アハハ」と笑っていられる。……いや実際にひとりでウヒウヒ笑っていたらかなり危険な香りだが、それぐらい底抜けに面白くなってしまう。KTM 125 DUKEは確実にそういうバイクだ。

「小排気量だからこんなもんで」という妥協は見受けられない。車両全体のデザインも、細部の質感も、とことん突き詰められている。気品さえ漂わせるあたりは、DUKE(公爵)の名にふさわしい。

大きなアクセントにもなっている特徴的な形状のLEDヘッドライト。兄貴分である1290 SUPER DUKE Rの血脈を感じさせるデザインを踏襲しながら、夜間走行時の視認性を高める。ヘッドライトを取り囲むパーキングライトはLEDを20個使用。

大型TFTメーターはクラス初のフルカラーをおごる。周囲の光に応じて最適な色で表示される。まさに妥協なき装備の象徴だ。オプションの「KTM MY RIDE」でスマホとの連動も可能になる

テールランプ、ウインカーもLED。シートカウルの裏側はタンデマーが握れるように溝が設けられており、ふたり乗りにも配慮している。

 だいたいですね……。バイクは小排気量なほどライディングが楽しいのだ。これはもう間違いない。いろんな理由が挙げられるけど、ライディングにおいて軽さは絶対的な正義であり、絶対的な善であり、絶対的な……なんでもいいが、とにかく軽さは楽しさと直結する。

 125 DUKEは乾燥重量137kg。これは、かつて一世を風靡したレーサーレプリカの雄、NSR250Rと同じレベルだ。もちろん馬力が違うので運動性能を単純比較することはできないが、ことハンドリングの中でも軽快さに絞ればほぼ互角と言っていい。パタパタとよく寝て、クルクルとよく曲がる。

何しろ軽い! 乾燥重量は137kg、走行可能な状態でも十分に押し引きがラクなので、ちょっと乗りたいと思った時にすぐ走り出せる。この気軽さが小排気量モデルの魅力だ。

アルミ製スイングアームは、トラレス構造をデザインに採り入れたユニークな外観。プリロード調整機構付きのリヤショックはWP製だ。

φ43mm倒立式フロントフォークもWP製。ブレーキディスクはφ300mmシングルで、ブレンボのOEMであるバイブレ製のラジアルマウントキャリパーがセットされるなど、走りの装備は本格的だ。

 そして、エンジンに気を使わずパカパカとスロットルを全開にできるという点ではむしろ125 DUKEの方が爽快だったりもする。パタパタ、クルクル、パカパカ。もう何も考えずに乗っていられることがよく分かるだろう。

何も考えず、何も恐れず、ライディングに集中できるのがDUKE 125の醍醐味。旋回性能も、ブレーキングの安定感も高く、多少のミスを許容する懐の深さも。車体まわりのデキは非常に良い。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。