人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

イマドキ小学生の3人に1人が視力1.0未満!子どもの近視度チェックとメガネの正しい選び方

2019.07.17

テレビやゲーム、スマートフォンなど幼い頃からデジタルデバイスに触れる現代では、子供が気付かぬうちに目を酷使するシーンが増えている。

2020年には小学校でプログラミング教育の必修化など、ますますデジタルネイティブ化が進むなか、子供の視力低下は親を悩ませる問題のひとつに。見えにくさ、目の疲れ、炎症など子供自身は自覚しにくいため、近くにいる大人が正しい知識を身につけ、ケアをする必要がある。

そこでインターメスティックは、子供のメガネ選びのポイントや使い方、今からできる近視予防策を紹介した。子供の視力が気になる保護者はぜひ読んでほしい。

視力1.0未満に子供の近視度チェックと正しいメガネの選び方

初めてメガネをつくる際には、適切な度数のレンズを眼科で処方してもらうことが大切。そのため、近視かもしれないと感じた場合には、まずは眼科の診療を受けることが最初の一歩だ。子供の近視は「仮性近視」から「真性近視」へと進行する。

「仮性近視」の段階であれば、治療を行う事で近視化を抑制することも可能だと言われている。眼科を選ぶ際には、子供の診療に慣れている眼科や弱視などの検査や矯正訓練を行う視能訓練士がいる眼科がおすすめ。子供のメガネは、眼科の処方箋に基づいてつくることが基本だ。

また、視力が悪くなる前、あるいは既に子供がメガネをかけている場合には更なる視力低下の変化に気付くためにも、まずは「子供の近視度チェック」をしてみてほしい。

テレビなどを長時間同じ距離で見続けていると、目のピントを調節する筋肉が疲労し、疲れ目の原因になる。また、布団の中など暗い場所でのスマートフォンや読書は明るさ不足が大きな負担に繋がる。その他、寝転んだり猫背で読み書きしたりすると対象に近づきすぎ、さらに影ができるため目に負担がかかる。

まずは、適度な距離で観るために、液晶テレビは画面の高さの3倍の距離、読み書きやスマートフォン・携帯ゲーム機は最低30~40cmの距離を保つことが大事だ。

また、机での宿題や読み書きは、デスクライトで明るさを補充し、スマートフォンやゲーム機は画面の照度を下げるなど適宜調整することで負担をやわらげる。また、良い姿勢を保ち、目を酷使する時は時間を決めて休憩をすることで、近視予防の第一歩になる。

一番良いのは遠くを見ること。家の中ばかりでなく、外出して景色を眺めれば焦点距離が遠くなる。また、紅鮭や海老などの赤い色素成分「アスタキサンチン」は眼精疲労対策の栄養として注目を集めている。子供の将来のことを考えて、幼いころから目に負担をかけない環境や習慣作りが大切だ。

関連情報/https://www.zoff.co.jp/shop/contents/kids.aspx
構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。