人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ごみの排出量が政令指定都市で最も少ない川崎にみるごみ処理の取り組みとその歴史

2019.07.17

日本のごみ排出量は世界でも多いとされているが、川崎市は2017年度では834グラムで政令指定都市の中で最も少ないのはご存知だろうか。

今回は、日本屈指のごみ処理先進都市 川崎に注目して紹介しよう。

日本屈指のごみ処理先進都市 川崎

①1951年 バキュームカーを開発・日本初導入

バキュームカーは、家庭や、お祭り・工事現場で使われる仮設トイレからし尿、浄化槽の汚泥を収集する車。川崎市では早くから開発研究に着手し、収集の効率化・機械化をめざし、日本で初めてバキュームカーを導入した。市では、清掃事業の近代化が必要と考え、広く技術を公開し普及した。

②1995年 日本初のごみの鉄道輸送

1980年代に川崎市では北部地域で急激に人口が増加したことや南部地域に新しいごみ焼却場ができたことから、北部から南部にごみを輸送する必要があった。そこで、市内を縦貫する輸送用の鉄道網を利用したごみの鉄道輸送を日本で初めて実施。

鉄道輸送は、交通渋滞がないことと、環境に優しいこと(自動車とは違い排気ガスを出さずに輸送ができる)のメリットがある。

③ 2019年 日本初の廃棄物発電を活用したEVごみ収集車導入

ごみ焼却場における廃棄物発電で得られる電気を敷地内の電池ステーションへ送電して電池を充電し、EVごみ収集車に搭載してごみ収集を行う「エネルギー循環型ごみ収集システム」を日本で初めて導入した。さらに、災害時の非常用電源としての活用が今後期待されるという点でも注目されている。

川崎市では、1980年代に人口増加や好景気の影響から、ごみの排出量が増加し、ごみ焼却場の焼却能力を超え、埋め立て地が不足してしまうため、1990年に「ごみ非常事態」を宣言。

その後、資源物の分別収集や普通ごみ収集回数を変更するなど、3R推進の取組を積極的に進め、また、廃棄物減量指導員や市民・事業者などと連携した意識啓発の取組などを行うことで、 ごみ排出量は着実に減少した。

こうした継続的な取組により、2005年度では、1人1日あたりのごみ排出量は1,114グラム(政令指定都市第4位)だったものが、2017年度には、約280グラム減の834グラムで政令指定都市で最も少なく、第1位になったことが2019年3月に発表された(環境省「一般廃棄物の排出及び処理状況等(平成29年度)について」)。

また、政令指定都市でごみの排出量 が最も少 なくなった川崎市では、ごみの収集・処理に関する取組で日本初が多くあり、先進的な取組みをしている。

1924年 川崎市誕生
1938年 市直営によるごみ収集を実施(手車)
1951年 バキュームカーを開発・日本初導入 
1955年 機械式ごみ収集車(スクリュードラム式)を全国に先駆けて導入
1961年 ごみの毎日収集(週6日)と可燃物の全量焼却を実施
1971年 日本初の発電付き工場(臨港清掃作業場)が誕生

↓↓ 高度経済成長期(大量生産・大量廃棄)へ ↓↓

1990年 川崎市「ごみ非常事態」を宣言
1995年 日本初のごみの鉄道輸送 
1997年 通商産業省より日本初の「エコタウン地域」認定を受ける
2019年 日本初の廃棄物発電を活用したEVごみ収集車導入 

川崎市では、小学校の社会科授業の中で、ごみの収集や処理、リサイクル等について学ぶ社会科副読本「くらしとごみ」を活用した学習機会を設けたり、市職員が市内小学校等に訪問し、資源物とごみの分け方やごみ減量の大切さについて体験しながら学ぶ「出前ごみスクール」を実施しており、子供達が自発的に考える力を育む環境教育を実践しているのも好感が持てるポイントだ。

関連情報/http://www.city.kawasaki.jp/index.html
構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年3月16日 発売

特別付録は進化した「超望遠12倍スマホレンズ」!5Gの最新情報や今買うべき新製品を一挙紹介!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。