人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

上質なワイン、トリュフ、チーズを手頃な価格で楽しめる成城石井のワインバー「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO」の旗艦店が渋谷にオープン

2019.07.22

〇カナダ産 活オマールエビまるごと1尾のトマトクリーム タリアテッレ(3880円)

 生きたオマール海老1尾を丸ごと使いオーダーごとにしめて、トマトクリームのパスタに仕上げた。活オマール海老を使うので身がぷりぷりとして、冷凍と違い解凍時のドリップも出ないので、味、食感、身の締まり具合が違ってくるとのこと。活オマール海老は在庫管理の難しさもあり渋谷店限定のメニューとなっている。

 成城石井で販売しているトマト缶に生クリームを加えた自家製トマトソースで、にんにくは店舗の青果コーナーでも販売している青森の田子にんにくを使用。オマール海老にとてもよく絡むソースに仕上がっている。

 タリアテッレ(平打ち麺)の生パスタは淡路島の生麺メーカーから仕入れている。水野シェフがイタリア視察で経験した生パスタのおいしさを反映させたメニューで、今回はLBV初の生パスタを使用。従来のLBVはワインバーとして、お酒を飲みながらゆっくりと食事をするシーンを想定しているため、のびるのが早い生パスタは使用していなかったが、渋谷店では生パスタを起用、既存のパスタメニューでも+200円で乾麺から生パスタに変更できる。

〇シャンパーニュ エ マカロン(1280円)

 青木氏と共同開発したメニューのひとつ。マカロンシャンパーニュ、ビスキュイシャンパーニュとグラスシャンパーニュがセットになったメニュー。マカロンはクリーム生地に成城石井がフランスから調達しているシャンパーニュを混ぜ込んでいる。成城石井が調達した材料を青木氏に渡し、シャンパーニュの味を確かめてもらい店舗限定のマカロンを制作した。

 ビスキュイはシャンパンに浸して食べることで完成する。気泡が多くふんわりとしたビスキュイがシャンパンをぎゅっと吸収することでしっとりとした食感でシャンパンの華やかな風味を味わえるデザートに変化。シャンパンに浸すとビスキュイの周囲が泡立ちシャンパンを吸収しているのがわかる。この食べ方はフランスに実際にあって、青木氏から提案があり渋谷店で提供されることになったとのこと。水野シェフも最初食べたときは感動したというおいしさで、食前にアミューズとして、もしくは食後のデザートとしてシャンパンと共に楽しむことも。渋谷店のオープン時間内は終日提供する。

【AJの読み】しっかりとした食事がリーズナブルに楽しめるワインバー

 従来のLBVはワインを中心とした展開で、お酒のお供の要素が強いフードがメインだったが、旗艦店の渋谷ではしっかりとした食事ができるメニュー構成になっている。しかもバール並みのお手頃価格で、トリュフや希少チーズ、イベリコ豚の生ハム、黒毛和牛といった高級食材が存分に味わえる。まさに成城石井の調達力が成し得た価格設定だ。

 個人的にLBV渋谷店で、マストでオーダーして欲しいのが「シャンパーニュ エ マカロン」。マカロンは甘みを抑えたシャンパンの風味が際立つクリームが美味。甘いマカロンが苦手な人にもおすすめできる一品。また、カサっとしたビスキュイをシャンパンに浸すと、ビスキュイがしっかりシャンパンを吸って、しっとりとしたシャンパン風味(というか、ほぼシャンパン)のデザートに変身、初めて食べたが最高においしい食べ方だった。

文/阿部 純子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。